ガールズユニットのelfin’(エルフィン)の3rdシングル「貪欲スナイパー」のミュージックビデオ(MV)がこのほど公開された。撮影は、使われていない工場跡地でおこなわれた。幻想的な世界観のなかでダイナミックにダンス。ユニット史上最高に“エモい”仕上がりに、リーダーの辻美優は「今までにないelfin’のカッコよさ、女性らしさも出た映像だと思います」と自信をのぞかせている。

 同ユニットは、大手芸能事務所のオスカープロモーションと、声優プロダクション最大手の青二プロダクションがタッグを組んで開催した『全日本美声女コンテスト」で、応募総数1万4434通のなかから選ばれた、グランプリの辻美優と準グランプリの花房里枝で構成。

 elfin’が2018年1月17日に3rdシングル「貪欲スナイパー」にリリース。それに先駆けて、ミュージックビデオが公開された。

 本作はelfin’のメンバーが近未来を感じさせる荒廃的な施設の中、サイバーパンク感の漂う幻想的な“光”の世界観の中でダイナミックなダンスシーンを織り交ぜながら、2人体制となって力強く前に進む彼女達の表情が見どころとなっており、ユニット史上最高に“エモい”MVとして公開されている。

 歌詞の世界観を表現したそのスピード感と、照明の織りなす独特な空間、そして、美声女デュオならではの歌唱力も印象的だ。

 撮影を終えた、リーダーの辻美優は「実は私、廃墟の映像などを見るのが好きなんです。今回の撮影場所(使われていない工場跡地)に入った瞬間からワクワク感が止まりませんでした(笑)テンションがアップしました! スモークを焚いて、ライティングもカメラアングルも凝っていて、逆光を上手く使ったところなどは是非見て欲しいです。今までにないelfin’のカッコよさ、女性らしさも出た映像だと思います」と語った。

 MVの中でレベルの高いソロダンスを披露している花房里枝は、「世界観がはっきりしている場所だと思いました。パフォーマンス・楽曲・歌詞とも合っているので、一つのミュージカルを見ているようなMVになっているのではないでしょうか。3作目のMVということで、1作目での可愛らしさ<キュート>、2作目でのゴシック調のムード<クール>に続いて、そして今回でカッコよさ<エモーショナル>に少し大人っぽさ<ビューティー>もプラス出来たものになっていると思います。メイキング映像も見られる初回限定盤で是非ご覧ください!」とコメントを寄せている。

 今回の3rdシングル「貪欲スナイパー」はフルMVなどの映像が収録されたDVDがセットとなった初回限定盤と、通常盤の2パターンをリリース。作詞は「おジャ魔女どれみ」「けいおん!」を手掛けた大森祥子、作曲は2nd シングルに引き続きBEMANIのRyu*によるもので、切れ味の良いサウンドとロックなメロディで、2人体制となった新生elfin’の門出に相応しい楽曲となっている。

ミュージックビデオの試聴はこちらから
貪欲スナイパー/elfin'(Short Ver.)