6年連続11回目の出場となる谷原秀人(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇30日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
今季のツアー優勝者や賞金ランキングの上位者など、30人の選ばれし者だけが出場を許される国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が開幕。初日のラウンドがスタートした。
【スイング連続】小平智は「飛ぶ要素が詰まってる」スイング
賞金ランク1位の小平智から4位の池田勇太までに、賞金王の可能性が残っている今季最終戦。午前10時スタートの第1組では、今季欧州ツアーを主戦場とし、「ダンロップフェニックス」終了時の世界ランキング65位の資格で出場している谷原秀人が、トッド・シノット(豪州)、リャン・ウェンチョン(中国)とともにティオフ。1番(パー4)をパー発進としている。
賞金王争いの渦中にいる4選手は、このあと順次スタート予定。最も注目を集める最終組で直接対決する賞金ランク1位の小平、2位の宮里優作、3位のチャン・キム(米国)は午前11時30分にティオフ。同ランク4位の池田は、最終組の1つ前で今平周吾、スンス・ハン(米国)と第1ラウンドに臨む。
【主要組のスタート時間】※いずれもアウトスタート
11時00分:イム・ソンジェ、時松隆光、ソン・ヨンハン
11時10分:ショーン・ノリス、H・W・リュー、片山晋呉
11時20分:今平周吾、スンス・ハン、池田勇太
11時30分:チャン・キム、宮里優作、小平智
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「ここまで来たら賞金王を獲りたい」ランク1位の小平智が初戴冠を公言
2013年覇者の宮里優作 逆転賞金王へ「前回の自分を越えていく」
チャン・キムが腰痛でプロアマ棄権 欠場回避のため最後まで帯同
池田勇太 連続賞金王には厳しい条件も「最高の形で終わる、それしかない」
今大会初出場の小鯛竜也&大堀裕次郎 誇りを胸に優勝狙う