「SEXはゴールじゃない」「不倫は楽だからする」“オトナ高校”が恋愛名言集動画を解禁

写真拡大

三浦春馬が主演する不器用なオトナたちの“学園ドラマ”『オトナ高校』(テレビ朝日系、毎週土曜23:05〜)。先週放送の第6話では、プライドの高さから恋愛にずーっと不器用だった主人公・英人(三浦)がついに、永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)に人生初の愛の告白をしたが、真希はEDに悩む55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)からも想いを寄せられていて……と、物語が俄然大きく動き出し、SNS上では「あっちこっち向きまくる相関図のラブ矢印の行く末が最高に気になる〜」など、“一筋縄ではいかない恋愛模様”にハマりまくる視聴者の声がインターネット上で見受けられた。

そんな『オトナ高校』には、ハッとするセリフがてんこ盛り。“こじらせまくったオーバー30歳”たちがひしめき合うドラマだからこそ、予定調和にならないリアルな言葉のやりとりも多々あり、視聴者からは「登場人物が“優しいとこあるやん”“いいとこあるやん……”って思わせといて良くないことしたり言ったりするところにリアリティがあって面白い」とのリアクションも。もちろん、恋愛や人間関係の芯を食った名言も毎回オンパレードで、「数々の名言をまとめて、来年の週めくり名言カレンダー#オトナ高校 是非作って欲しい。そしたら、来年も頑張れる」との熱い要望も寄せられているほど反響があったことから、意外に深い『オトナ高校』の恋愛名言を集めた特別動画が制作された。

この動画は、本日11月30日(木)よりYouTube「テレ朝チャンネル」で公開されており、第6話ラストで英人が振り絞った愛の告白「石橋を叩いて叩いて叩き割って渡れなくなるよりも、崩れそうな橋でも2人で渡ってみようよ。橋が落ちても、2人で渡りきろうよ」からスタートしており、第1話で飛び出した、松井愛莉の「SEXはゴールじゃない」、山田真歩の「不倫は楽だからするの」といったエッジが利いたセリフも収録されているのも注目だ。

今週12月2日放送の第7話は、いよいよ最終章に突入。英人と真希がまさかの同棲生活をスタートさせる。そんな中、真希に想いを寄せる勘助が嫉妬に燃えて動き出すばかりか、オトナ高校のエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井)も英人に急接近し……。ドロドロの四角関係、さらにはオトナ高校の毒舌熱血教師・山田翔馬(竜星涼)をめぐる処女・斑益美(山田)と同性愛者の川本・カルロス・有(夕輝壽太)のバトル勃発など、怒涛の展開が待っている。最終的にオトナ高校を卒業できるのは誰なのか、英人はいったい誰と結ばれるのか!?