【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は30日、定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年1.25%から1.5%に引き上げた。利上げは2011年6月以来。

 今年最後の同委員会で、過去最低金利からの利上げを決めた。専門家やエコノミストらの大部分が金利引き上げを予想していた。