29日、韓国メディアはこのほど、今年第3四半期(7〜9月)に日本を訪れた外国人旅行客のうち、1人当たりの支出額が最も少なかったのは韓国人だったとの調査結果を伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年11月29日、韓国・ビジネスインサイトはこのほど、今年第3四半期(7〜9月)に日本を訪れた外国人旅行客のうち、1人当たりの支出額が最も少なかったのは韓国人だったとの調査結果を伝えた。

日本の観光庁が先月発表した「訪日外国人消費動向調査」によると、今年7〜9月の訪日韓国人旅行客の1人当たりの支出額は7万4726円だった。これは、調査報告書で「その他」と表記された国を除く20カ国・地域(台湾、ドイツ、ロシア、マレーシア、米国、ベトナム、スペイン、シンガポール、英国、豪州、イタリア、インド、インドネシア、中国、カナダ、タイ、フランス、フィリピン、韓国、香港)の中で最も少ない金額だという。

1人当たりの支出が最も多かったのはベトナムで25万9749円。後には中国(23万8385円)、フランス(23万5068円)、スペイン(22万8571円)、英国(21万6308円)が続いた。韓国人旅行客の1人当たりの支出は1位のベトナムの約3分の1で、19位の台湾(12万7106円)とも大きな差があったという。

この調査結果について、ビジネスインサイトは「各国の旅行客の宿泊期間と関連がある」としている。1人当たりの支出額が最も多かったベトナムの平均宿泊数が36.6日で最も長かった一方、韓国は5.5日で最も短かった。日本に住むベトナム人が増加し、彼らに会うために日本を長期で訪れる旅行客が増えたことや、日本と韓国が地理的に近いことも宿泊日数に影響を与えたという。

ところが、1人当たりの平均ではなく全体の金額(1人当たりの支出+旅行者数)を見ると、韓国人旅行客の消費額は1361億円で、20カ国中3位だった。中国人旅行客は5432億円、台湾人旅行客は1490億円だった。比率を見ると中国が44.1%、台湾が12.1%、韓国が11.1%だった。これは、日本を訪れた韓国人(182万1826人)が中国(227万8771人)と台湾(117万2204人)を除く国と比べてはるかに多かったためだという。1人当たりの支出額が最も大きかったベトナムは旅行客数が7万4796人で相対的に少なく、消費額は全体の1.6%に過ぎなかった。

これについて、韓国のネットユーザーからは「韓国人のほとんどが節約旅行を好む」「日本はコンビニの食事でも十分満足できるから。韓国のレストランより清潔だし」「お金はないけど旅行したい。そういう人はみんな日本に行く」「韓国人は食にしか興味がないからね」「お金がないのだから仕方ない」など納得する声が寄せられている。

また、「正直、日本で食べたいものはあっても、買いたいものは特にない」「日本の商品のほとんどが韓国でも売られている。わざわざ重い荷物を持ち帰る必要はない」など、日本での買い物に消極的な意見も。

そのほか、「ベトナムは親韓国と勘違いされているが、実際は購買力のある人たちはみんな東京へ行く」「1回の費用をおさえて何度も日本に行きたいという人が多い。日帰りで行く人も多いよ」などと分析する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)