大人気“共感ムラキュン”漫画「やれたかも委員会」がAbemaTVにて初実写化

写真拡大

AbemaTVオリジナル連続ドラマ第2弾として、ロバート・秋山竜次主演が務める「やれたかも委員会〜AbemaTVオリジナルドラマ〜」が、2018年1月クールに放送されることが決定。秋山はこれが連続ドラマ単独初主演となる。

【写真を見る】ソックリ!? ロバート・秋山竜次が主人公の犠星塾塾長・能島明に!/(C)AbemaTV

「やれたかも委員会」は、漫画家・吉田貴司が、デジタルコンテンツ向けの配信プラットフォーム「cakes」や「note」に作品をアップしたことからSNSを中心に話題となり、ことし7月には書籍としても発売された人気連載漫画。

“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない…”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうが判定する組織「やれたかも委員会」の犠星塾塾長・能島明、ミュージシャン・パラディソ、財団法人ミックステープ・月満子という個性豊かな3人の登場キャラクターが判定していく。

毎回さまざまな“やれたかもしれない”エピソードを抱え、委員会に判定を求める依頼者たちに対し、「やれたかもしれない夜は人生の宝です」や「やれたかもしれない夜は、人生の隠し味」など、数々の名言を残し、すべてを包み込むような人間愛あふれる塾長・能島明の一言や、月満子の女性ならではの価値観から読み解くキレのある見解がクセになるストーリーとなっている。

そこで、主人公の犠星塾塾長・能島明を演じるのがロバートの秋山というわけだ。

動画「クリエイターズ・ファイル」では、子役の上杉みち君や、トータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMIなど、性別や年齢も問わずさまざまなキャラクターを演じ分けるなど、多彩な演技力にも注目が集まる秋山。そんな秋山がどう能島明を演じるのか、期待が高まる。

また、パラディソ役や月満子役ほか、「やれたかも委員会」に判定してもらう依頼者、依頼者の回想シーンに登場するキャラクターなども今後順次発表される予定なので、都度紹介していく。

実写化に対し、主演を務める秋山は「変なキャラクターはいろいろ演じてきたけど、あんまり喋らない役をやってこなかったので、大丈夫かな。いろいろイメージはしていますが、顔の部分も絵でしか見たことないので、どうしようかなと思っていますね」と、ちょっぴり不安をのぞかせる。

作品については「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな。それが直球に響く原作なので、漫画を見たことがない方もすっと入ってくるじゃないかなと思います。あと、自信がつきましたね、僕も。

やれたんじゃないかなというかすかな望みというか。学生時代、一度も女性と付き合ったことがなかったんですけど、実はあの時いけたんじゃないかな、と思う箇所がいくつか思い浮かんできました」と作品に共感する思いを明かした。

一方、原作者の吉田は「祝ドラマ化と言いますが、本当にめでたいのかな、とふと思います。ネットにゲームにYouTubeとエンタメ過多時代の中で、漫画最強説を信じている私としましては、ドラマ版『やれたかも委員会』もライバルの一つだと思っています。

ドラマも漫画も楽しんでいただけるとうれしいです。主演の秋山さん、ならびにこのドラマに関わる全ての方々に感謝します」と強烈に“ライバル視”しつつ、感謝を込めた。(ザテレビジョン)