矢口真里が“暗黒時代”について語った/(C)AbemaTV

写真拡大

11月28日に放送された「矢口真里の火曜The NIGHT」に、モーニング娘。'17の譜久村聖、生田衣梨奈、小田さくら、加賀楓、そして作曲家の新垣隆が登場。矢口と新垣が“暗黒時代”について語る場面があった。

【写真を見る】矢口真里&生田衣梨奈による新旧“セクシービーム”共演!/(C)AbemaTV

開催までいよいよ1週間を切った矢口真里プロデュースのアイドルイベント「やぐフェス」の直前スペシャルとして、王道のWHITEステージ、個性的なBLACKステージで行われる “矢口コラボステージ”をより良くするため、モーニング娘。'17のメンバーにアドバイスをもらうことに。

「ライブパフォーマンスで気を付けていることは?」という質問に、加賀は「印象に残るあおり!」と答えると、矢口から「じゃあ、印象に残るやつやってもらっていいですか?」とのオーダーが。

他のメンバーが「泡沫サタデーナイト!」をアカペラで歌おうとすると、生田が「私、音痴なんであんまり歌えない」と発言し、「昨日の武道館ライブで“アン”とか“ウォウ”しか言ってなくて、日本語の歌詞歌わせてもらえなくて」と告白し、笑いを誘った。

続いて、小田が「時代によってメンバーは全然違うけど、どの時代のモーニング娘。が『LOVEマシーン』をやっても、やっぱり他のアーティストがカバーする『LOVEマシーン』とは違う、モーニング娘。にしかできない『LOVEマシーン』をやるっていうのが大事だと思う」と、モーニング娘。のパフォーマンスへの熱い思いを語った。

「矢口さんとのコラボでハロプロソングを披露するアイドルの方々も、オリジナルのパフォーマンスを見せてほしい」と、矢口コラボステージへのアドバイスを伝えた。そしてスタジオでは、現在“セクシービーム”担当の生田と、元祖“セクシービーム”の矢口が、新旧コラボで一緒に“セクシービーム”を披露した。

最後に答えたリーダーの譜久村は、いつもライブで叫んでいる「サンキュー! みんな愛してるぜ!」という言葉を挙げ、「自分がライブで感じるそのままの思いを言葉にするって大切だなって思いました」と語った。

そして、番組中盤では「やぐフェス」で初披露される矢口の新曲を作った新垣が登場。「どうして今回引き受けてくださったんですか?」という質問に、新垣は「いや、本当にお互いいろいろありましたので…」と語り、スタジオは爆笑に包まれた。

矢口が作詞をした歌詞とイメージを新垣に伝え、あとは全て任せたということで、新垣は「矢口さんから頂いた言葉をそのままメロディーにしました」と楽曲について語り、その場で披露。

新曲を聴いた矢口と岡野陽一は「すごい! かっこいい!」と大盛り上がりで、「最初は暗い歌詞なんですよ、途中から明るい感じになっていくんですけど、大しっくりきました! ことしイチうれしい!」と新垣の楽曲を絶賛した。

そんな楽曲の作詞について聞かれた矢口は「暗黒時代というか、休業中に書いていた歌詞があって、この思いって今しか感じられないかなと書き残していた。それを見返したらめちゃくちゃ暗かった。この人やべぇなってくらい」と語り、休業中の心境を明かす場面も。

「このままでは歌として成立しないと思って、今の心境をプラスして昔と今の自分が両方入っている」と新曲の歌詞について説明した。(ザテレビジョン)