8代目となるピックアップトラック「ハイラックス」をタイで発売したトヨタ自動車。同モデルは1968年の発売以来、約180以上の国・地域で累計1,700万台以上の販売実績を誇っています。

日本では2004年に販売を終了。生産がタイ工場に移管されましたが、販売終了後も日本国内で同車のユーザーが約9,000人存在するなど、今も一定の国内需要が見込めることもあり、復活を望む多くの声に応えるべく、13年ぶりとなる国内再販を決定。

10月下旬にタイから日本への新型「ハイラックス」輸出を開始するとともに11月23日、タイ中部の同車工場で記念式典を開催しました。

トヨタは8代目「ハイラックス」の開発にあたり、「道が人を鍛える。人がクルマをつくる」という考えのもと、開発チームが世界中の様々な道を実際に走り、森林地帯のぬかるみで荒れたオフロードや50度を超える暑さの砂漠地域、雨期になると冠水する生活道路など、様々な環境に適応する頑丈さと安全性、乗り心地を確保、力強い走りと低燃費化を実現しました。

新型「ハイラックス」は全長:5,335mm、全幅:1,855mm、全高:1,800mm、ホイールベース:3,085mmと堂々としたサイズで、低回転域でも高トルクを発揮する2.4Lの「2GD-FTV」ディーゼルエンジンを搭載。

ちなみに新型「ハイラックス」の主な特徴は以下となっています。

・経産省と国交省が推進する「セーフティ・サポートカー」に準拠
・プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラートを搭載、安全性に配慮
・「ヒルスタートアシストコントロール」「ドライブスタートコントロール」を標準装備
・オンロード、オフロード共に優れた走行安定性と乗り心地を確保
・リヤバンパーの低配置により荷物の積み降ろしに配慮
・販売目標台数は2,000台/年。全国のトヨタ店で販売

「2GD-FTV」エンジンは150ps/40.8Kgmを発生。11.8km/L(JC08モード)を達成。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン式でリアがリーフスプリング式。

日本仕様は5人乗りのダブルキャブで、トランスミッションは6速スーパーECT。駆動方式は2駆・4駆をダイヤル操作で選択可能なパートタイム4WDとなっており、舗装路ではFRとして走り、悪路では直結4WDとして走破性をアップします。

キャビンは日本市場でのニーズに合わせて乗用車のような雰囲気で仕上げられており、上級グレードではオートエアコンやスマートキーを標準装備。メーターもオプティトロンタイプで後席にはアームレストも備わっています。

エントリーグレード「X」の車両価格は326万7,000円で、アルミホイールを装備する上級グレード「Z」は374万2,200円。

SUV人気のなか、「アクティブ」なライフスタイルに似合うピックアップトラック「ハイラックス」という選択もアリかもしれません。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

新型「トヨタ・ハイラックス」のタフな走りを収録した360°ムービーが公開
https://clicccar.com/2017/09/17/512145/

13年ぶりに日本で販売開始、名車「トヨタ・ハイラックス」の気になる価格は?
https://clicccar.com/2017/09/13/510191/

トヨタが13年ぶりに「ハイラックス」を国内導入!全国トヨタ店で発売へ
https://clicccar.com/2017/09/12/510176/

8代目「トヨタ・ハイラックス」が9月12日から国内販売!?
https://clicccar.com/2017/08/14/501223/

トヨタが8代目「ハイラックス」をワールドプレミア!
https://clicccar.com/2015/05/26/309088/

【関連リンク】

トヨタ ハイラックス
http://toyota.jp/hilux/

SUV人気のなか、「アクティブ」なライフスタイルに似合う「ハイラックス」という選択もアリ?(http://clicccar.com/2017/11/30/536078/)