「6つの人格がある」と告白した被告 責任能力が認められ懲役16年

ざっくり言うと

  • 2日の判決公判で、殺人罪に問われた被告は懲役16年が言い渡された
  • 多重人格を主張していたが、裁判長は責任能力が認められるとの見解
  • 言い分は認められたが「人格同士の解離の程度は不十分」と指摘された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング