「見方や切り口を少し変えるだけで、すごくたくさんのビジネスチャンスがみつかる」と話すノバルスの岡部顕宏代表取締役


 2015年4月設立のIoTベンチャー、ノバルスが開発したのは「MaBeee(マビー)」、見た目は変哲のない樹脂製の乾電池ケースである。それが2016年10月、日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」で、特に優れたデザインに与えられる金賞を受賞。2017年11月22日には、破壊的価値を創造するような偉才を発掘する総務省のプロジェクト「異能(Inno)vationプログラム」で、ジェネレーションアワード部門の特別賞を獲得した。誰も思いついたことがないような面白いアイデアと評価された。

 ほかにも、子ども目線で優れた製品やコンテンツを表彰するキッズデザイン協議会の「キッズデザイン賞」で経済産業大臣賞を受賞するなど、ノバルスに数々の賞をもたらしたMaBeeeは、単4サイズの乾電池を入れて、単3サイズの電池として使うアダプターである。もちろん単なるアダプターではない。乾電池で動く市販の玩具に装着するとスマートフォンで玩具を制御できるようになる、乾電池型のIoTデバイスだ。

 スイッチのオン/オフでしか動作を制御できないはずの自動車や電車の玩具が、スマートフォンの傾きや振りの強弱に合わせてスピードを変えながら走る。MaBeeeに内蔵した電子回路が出力制御やBluetooth通信の機能を備え、スマートフォンと通信して乾電池の出力を調整する仕組みになっている。

MaBeeeを制御するコントローラーアプリの画面


 乾電池を使う製品なら基本的に何でもスマートフォンから操作できる。その手軽さがうけて、MaBeeeの販売数量は2016年8月の一般販売開始から1年足らずで1万個を超えた。小学生から年配の大人までファンの年齢層は幅広く、ユーザーが自らMaBeeeで遊ぶ様子を動画で撮影し、先を競うように動画投稿サイトで公開している。

 このようなコンシューマー向けのMaBeeeで培った技術と知見を基に、ノバルスは企業向けビジネスにも乗り出した。「すべての製造業にIoTでビジネスチャンスを」と意気込む代表取締役の岡部顕宏氏に、MaBeeeの開発の経緯や企業向けビジネスを手掛ける狙いを聞いた(岡部氏の経歴は最終ページ)。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

10歳から70歳代まで、幅広い世代に広がるMaBeee愛好家

――どうしてMaBeeeを開発しようと思ったのでしょう。乾電池に何らかの勝機を感じたのですか?

岡部顕宏氏(以下、敬称略) アイデアはあるけど社内ではどうも具現化しづらい。そう感じている人たちが企業の枠を越えて集まり交流する「ヤミ研ワールド・カフェ」を開催した際、参加者から「スマートフォンを使って玩具を動かしたい」という声が上がったのを機にMaBeeeの開発が始まりました。

 乾電池に着目したのは、玩具のほかにもいろいろな機器にすでに使われているからです。乾電池で玩具の動きをコントロールできる製品を生み出せば、スマートフォンと連携するIoTのプラットフォームとして展開できるのではないかと考えました。

――著名な賞を受賞するなど評判は上々で、MaBeeeを使った遊び方を考案する愛好家も誕生していますね。

岡部 一般販売を始めた当初は約140店舗だったMaBeeeの取扱店が、家電量販店やネット通販など全国600店舗以上に増え、おかげさまで販売数量も着実に伸びています。

 今春に「MaBeee祭 2017」と題して、MaBeeeを利用したIoTの新しい楽しみ方を募集したところ、想定していた以上に数多くの面白いアイデアが寄せられ、選考に悩みました。書類による1次審査で応募作品を30件まで絞り込む予定だったのですが、どれも捨てがたく44件が最終の2次審査に進みました。

――MaBeeeに関連したIoTのコンテストとなると、やはりガジェット好きなど、テクノロジーに慣れ親しんだビジネスパーソンが応募してくるのですか。

岡部 それが、10歳のお子さんから70歳代のかたまで、応募者は幅広い世代にわたっていました。

――10歳!?

岡部 ええ。もともとMaBeee祭を開催したのも、動画投稿サイトで見た9歳のお子さんの作品がきっかけなんです。ブロックの玩具でプロペラを作り、MaBeeeを装着したモーターに取り付け、スマートフォンの傾け方でモーターの回転数をコントロールしながらプロペラ音を変えるものです。高音を出すには羽根の短いプロペラを高速で回し、低音は長いプロペラに付け替えてゆっくり回転させて、それぞれの音を収録する。最後に収録した音をつなぎ合わせてクラシック音楽を演奏していました。

――ユーザーの年齢層が広ければ、MaBeeeの改良につながるアイデアもさまざま集まりそうです。

岡部 ユーザーから寄せられた声を基に、2種類のスマートフォンアプリを最近リリースしたところです。一つは自動車の玩具向け、もう一つは電車の玩具向けです。

MaBeeeユーザーの声を受けて開発したアプリの画面


 スマートフォンを傾けたり振ったりして玩具を動かすのは、年齢の低いお子さんには分かりやすくてよいのですが、小学生くらいになるとコントロールしている感覚を味わいたくなる。そこで、自動車のメーターを模した画面で電池の出力をきめ細かく制御し、運転している感覚を楽しめるアプリを開発しました。電車の向けのアプリでは、レバーで速度を調整したり、駅で流れる発車合図のメロディを鳴らしたりできるようにしています。

MaBeeeをIoTプラットフォームとしてBtoB事業を展開へ

――第三者割当増資でベンチャーキャピタルから1億円を調達し、2017年9月からIoTのBtoB事業に乗り出しました。狙いを教えてください。

岡部 MaBeeeの販売開始後、いくつもの企業から「乾電池で玩具をIoT化できるなら、うちの製品もIoT化できないだろうか」といった相談を受けるようになりました。話をうかがうと、乾電池型のIoTが実現できそうなものと難しいものがある。そのため、これまで培ってきた小型・省電力の技術を生かし、企業のニーズに応じたIoTモジュールの開発支援サービスを提供することにしました。

 開発といっても、すべてゼロから始めるのではありません。MaBeeeの電子基板は加速度、温度湿度、重量などさまざまなセンサーを必要に応じて実装できるように、あらかじめ柔軟性を持たせた設計にしてあるので、MaBeeeをベースにすればいいのです。すでに空調ファンの個別制御、震災時の電気ブレーカーの自動遮断、工作機械の監視など、複数のメーカーと新たなIoTデバイスの試作を始めており、年明けの早い時期に発表する見通しの製品もあります。

――玩具向けとして生まれたMaBeeeが、いよいよIoTのプラットフォームとして多様な用途に広がっていく。

岡部 かつての「インテルはいってる」のように、あれにもこれにも「MaBeeeはいってる」と認識してもらえるようになりたいですね。

 日本はモノづくりで世界をリードしたけれど、ITでは後れを取ったと言われます。残念ながらIoTも欧米先行です。米国では、多額の資金を得たシリコンバレーの企業が中国・深センの企業と連携し、新しい切り口の製品をどんどん世に送り出そうとしている。気づいたときには「日本企業は取り残されていた」なんてことにもなりかねません。

 当社にどこまでできるか分かりませんが、少しでも日本の製造業の力になって、IoT市場で製品の競争力を高める役に立ちたいと思っています。ものの見方や切り口を少し変えるだけで、すごくたくさんのビジネスチャンスがみつかるはず。Re Made in Japan――大手家電メーカーなどモノづくり企業がキラキラ輝いていたあの時代を、IoTでもう一度取り戻したいです。

岡部 顕宏(おかべ・あきひろ)氏
ノバルス代表取締役
インターネットサービス黎明期にアスキーに入社、 その後ゲームソフト大手スクウェアの新事業子会社にてコンテンツサービスの立ち上げ等を経て、 2002年セイコーインスツルに入社。技術本部 新事業推進部にて国内時計業界初となるBT-Watchの規格策定や電子マネー端末の事業化などを推進。2015年ノバルス創業。
GOOD DESIGN AWARD 2016 グッドデザイン金賞 受賞
KIDS DESIGN AWARD 2016 キッズデザイン優秀賞 受賞

筆者:栗原 雅