倖田來未、三代目JSB、高山厳…ラスト『有線大賞』に歴代大賞受賞者が集結

写真拡大

記念すべき50回目となる今年で放送終了する音楽番組『第50回日本有線大賞』(TBS系、12月4日19:00〜)。この度、グランドフィナーレを飾るにふさわしい企画として、過去49回の歴史を築き上げた歴代大賞受賞者からもアーティストが登場し、生放送のステージを盛り上げることがわかった。

『日本有線大賞』は、有線放送に寄せられたリクエストのデータにもとづき決定。2017年に「最も聴きたい曲」「最もリクエストされた曲」が明らかになる賞と言える。先日、各賞を受賞したアーティストが発表され、AKB48、欅坂46、西野カナ、乃木坂46、氷川きよし、三浦大知といったアーティストが有線音楽優秀賞に輝いたことなどが発表された。

このたび、出演が決定した歴代大賞受賞者は以下の通り。懐かしの名シーンが有線の歴史とともに蘇る、4時間の生放送となる。

渥美二郎(第12回 1979年)
倖田來未(第39回 2006年)
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(第48回 2015年)
高山厳(第26回 1993年)
長山洋子(第28回 1995年)
藤あや子(第27回 1994年)
細川たかし(第15回 1982年)
前川清&クール・ファイブ(第3回 1970年/第6回 1973年 ※共に、内山田洋とクール・ファイブ)
森進一(第1回 1968年/第2回 1969年)
(※50音順)