会見に出席した(左から)輝馬、糸川耀士郎、良知真次、三津谷亮、佐々木喜英

写真拡大

テレビアニメ化もされたゲーム「幕末Rock」を原作とした、「超歌劇(ウルトラミュージカル)「幕末Rock」絶叫!熱狂!雷舞(クライマックスライブ)」の東京公演が11月29日(水)、AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕。初日公演に先駆け公開ゲネプロが行われ、坂本龍馬役の良知真次をはじめ、「超魂團(ウルトラソウルズ)」のメンバー5人が最終章となる今作にかける意気込みを語った。

「超魂團(ウルトラソウルズ)」が中心となってステージを盛り上げた

作品は、幕府直属の最高愛護(トップアイドル)「新選組」による“天歌(ヘブンズソング)”で支配された幕末を舞台に、志士(ロッカー)たちが音楽の力で革命を起こし、新しい時代を創るというもの。2014年2月にゲームとしてリリースされ、同年7月にはテレビアニメ化もされた。

舞台版は超歌劇(ウルトラミュージカル)として同じく2014年12月に吉谷光太郎氏の脚本・演出で初演。その後再演(2015年)、続編(2016年)と続き、原作ゲームやアニメの世界観はそのままに、劇中の演出シーンの一部として観客がペンライトを振りながら公演を楽しむ“観客参加型”の要素を取り入れた演出で好評を博してきた。

“絶叫!熱狂!雷舞(クライマックスライブ)”と銘打たれた最新作である本作は、今月24日に新大阪・大阪メルパルクホールで開幕。劇中では公式サイトでリクエストを募集し、各キャラクターの楽曲を歌い手をシャッフルした様々な組み合わせで披露する「シャッフル歌合戦」や、赤ずきんやピーターパンなど童話のキャラクターに扮してロックを歌うシーンなど、舞台ならではの演出も盛り込まれ、見どころ満載。

初演から約3年、今作の“最終章”大阪公演までを走り抜け東京公演に臨む良知は「初演のときからの、“キャストみんなでライブをやりたい!”って思いが今回かないました」と夢の実現に大喜び。高杉晋作役の糸川耀士郎も「アーティストさんのライブをよく見に行くんですけど、『幕末Rock』のライブは全然負けていない。お客様の熱量が本当にすごくて、こんなライブはないと思う」と感心した。

話し始めると同時に良知のくしゃみでコメントをさえぎられた桂小五郎役の三津谷亮は「いまみたいに、シナリオ通りにいかない、何が起こるか分からないところがライブだなって実感しました」と苦笑。糸川と共にスベり倒したというリハーサルから一転、大阪公演では「お客様の愛想笑い…いえ、温かさや笑顔に支えられた。大阪では皆さんのお力をお借りしたので、東京公演では心の底から笑ってもらえるようなものを提供していけたら」と恩返しを誓った。

土方歳三役の輝馬は自身のセリフの少なさについて「すごくいい。今回セリフというものが1ページもない。その代わり曲数が20曲を超えていて、自由に動いてその場の気持ちとテンションで成立している」とライブならではの魅力を。初演から土方を演じ、「『幕末Rock』の土方歳三が輝馬でよかったと思い続けていただけるように頑張ります」とラストスパートへ意気込んだ。

同じく初演から沖田総司を演じてきた佐々木喜英は「3年前に初演したときからずっと、この作品に出るからには絶対にライブをやりたいと思っていました。4作品目にしてかなってとてもうれしい」と万感の思い。「初演からファイナルまで代替わりすることなく一つの役を演じるのも初めてだった」と佐々木自身にとって思い入れも深く、「その役が沖田総司でよかった。その作品が『幕末Rock』でよかった」と感謝も述べた。

最後に良知は「これまでと気持ちは一緒だけど、何かが変わっていると思う。もちろんキャストが変わって新しい衣装も出て、逆に変わっていないのは音楽のよさ、原作のよさ。お客様が楽しんで持っていてくれて、これを2.5次元としてやってよかった、見に来てよかったと思えるクライマックスライブにしたい」とファンに向けてのメッセージを送った。

5人の熱い意気込み通り、その後行われたゲネプロでも「超魂團」(ウルトラソウルズ)に加え、ペリー・ジュニア(兼崎健太郎)、徳川慶喜(KIMERU)、井伊直弼(吉岡佑)、さらにお登勢(山岸拓生)や勝海舟(岩崎大)も交え、熱い熱唱&情熱的なパフォーマンスを展開した。

なお最終日となる12月3日(日)には、映像配信サービス「GYAO!」の「ニゴステ(2.5次元ステージ)」にて、千秋楽公演を生配信することが決定している。(ザテレビジョン)