アジア最優秀監督に浦和の堀孝史監督となでしこの高倉麻子監督が選出! 日本勢がダブル受賞

写真拡大

▽アジアサッカー連盟(AFC)は29日、AFCアニュアルアウォーズ2017を開催し、浦和レッズの堀孝史監督(50)が最優秀監督賞を、なでしこジャパンの高倉麻子監督(49)が最優秀女子監督賞をそれぞれ受賞している。

▽また、社会に貢献した連盟を表彰するドリームアジア賞に日本サッカー協会が選ばれている。

▽堀監督はミハイロ・ペトロヴィッチ前監督の解任を受けて7月より指揮。浦和を10年ぶりとなるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝へと導いた。高倉監督は2016年になでしこジャパンの監督に就任。チームの世代交代を進めている。

▽アジア国際最優秀選手賞はトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが選出され、年間最優秀ユース選手賞には、ヴェローナの韓国人FWイ・スンウが選出されている。

▽なお、最優秀選手賞には男子がシリア代表FWオマル・ハルビン、女子がオーストラリア代表MFサマンサ・カーがそれぞれ受賞している。