@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

ZR1にコンバーチブル仕様

コルベットのコンバーチブル・モデル、コルベットZR1がLAショーで発表された。

6.2ℓV8スーパーチャージャー
7速マニュアル/8速オートマティック(パドルシフト付き)

最高出力:755ps
最大トルク:98.9kg-m
最高速度:341km/h


エンジンはZR1のクーペ仕様と同じだが、パドルシフト装着車は初登場だ。「パフォーマンス・パッケージ」を選択すると、

 フロントスポイラー
 ミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2
 マグネティック・ライドコントロール
 ハイ・ウイング(430kgのダウンフォース発生)

を搭載することができる。

コルベットによれば、パッケージの適用によりサーキットのラップタイムを削ることはできるが、最高速度はわずかに低下してしまうという。
 

重量増、わずか27kg 価格も発表


コンバーチブル化により、折畳み式ルーフ機構の搭載やシートベルトのマウント方式変更を行い27kgの重量増が生じたものの、クーペのアルミニウム・シャシーから大きな変更は必要なかったと、コルベットは説明している。

走行モードは下記の4種類を用意した。

・ステルス(静音モード)
・ツアー
・スポーツ
・トラック


コンバーチブル仕様の価格は、12万3995ドル(1384万円)。北米における発売は、2018年春を予定している。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『コルベットZR1コンバーチブル』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。