画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エレコムはこのほど、コンパクトサイズのBluetoothキーボード「TK-FBP102」シリーズを発表した。12月上旬に発売し、価格は税込5,310円。

重量264g、最薄部6.5mmの薄型軽量キーボード。持ち運びしやすく、場所を選ばずに試用できる。配列は日本語79キーで、コンパクトながら19mmのキーピッチを確保する。キースイッチはパンタグラフを採用した。また、メディア再生などに便利な13種類のマルチファンクションキーを備える。

サポートするBluetoothのバージョンは3.0 Class2。3台までのデバイスとペアリング可能で、ボタンで切り替えて利用できる。Windows PC/Android/Mac/iOSのそれぞれに最適化した入力モードを搭載する。なお、Androidデバイスでは、キートップ上の印字通りキー入力できるエレコム独自のアプリ「ELECOM Keyboard layout」に対応する。

電源は単4形乾電池。駆動時間はアルカリ電池使用で約1.1年。本体サイズはW286.5×D121.5×H20.4mm、重量は264g。本体カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色。