康外交部長官(左)と河野外相=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は29日午後、日本の河野太郎外相と電話で約20分間会談し、同日未明にあった北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する状況を確認し合い、今後の対応の方向性について踏み込んだ協議をした。

 韓国外交部によると、康長官は北朝鮮が国際社会の度重なる警告にもかかわらず、無謀な挑発を再開したことに深い懸念を示した。また北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するため、強力な制裁・圧力を含むすべての外交努力を維持する必要があるとの認識を示した。

 河野外相はこれに同意した上で、国際社会が北朝鮮に対しより強力で実効的な圧力を加えるため、国連安全保障理事会などさまざまな場面で韓日、韓米日が緊密に連携することが重要だと述べた。