無念…復帰を目指したカソルラが9度目の手術を受けると明かす

写真拡大

▽アーセナルの元スペイン代表MFサンティ・カソルラが、9度目の手術を受けることを発表した。自身のツイッター(@19SCazorla)で明かしている。

▽カソルラは、昨年10月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のルドゴレツ戦でアキレス腱を負傷。それ以来、チームに合流することなく、2016-17シーズンを終えた。今シーズンもここまで出場することができていない。

▽スペイン『マルカ』はカソルラの現状を報告し、離脱中に8度の手術を行ったとのことで、腱は8cnmも失ったと報道。ピッチに戻るためのリハビリをしていたが、再び手術を受けなければいけない状況になってしまったようだ。

▽カソルラは、自身のツイッターで無念を報告。しかし、ピッチに戻ってプレーすることへの情熱を燃やすことを誓った。

「僕はここ数日、腱が引っ張られるのを不快に感じていたので、再び手術を受けなければいけなくなった。これはグラウンドに戻るのを遅らせる時間になる」

「僕は偉大なる情熱、サッカーを楽しむために戻るための熱意と意欲をキープする」