FW伊東純也がA代表初選出となった

写真拡大

 スピードスターがA代表初選出となった。プロ3年目、24歳のFW伊東純也(柏)は神奈川大卒業後、甲府でプロ生活のスタートを切り、柏移籍後2年目の今季にブレイク。GK中村航輔とともに今季ここまでJ1の全33試合に出場し、6ゴール。最終節を残して4位につけ、天皇杯でも4強入りを決めているチームの原動力となった。

 自慢のスピードを生かしたドリブル突破でサイドから相手守備網を切り裂く俊足アタッカー。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は「スピードがあり、仕掛けるタイプの面白い選手。違いを生むことができるタイプ。90分間繰り返しアップダウンができる選手であり、規律を守るタイプでもある」と選出理由を語った。攻撃力だけではなく、守備でもプレスバックを怠らない献身性も評価した。

 来年のロシアW杯に向け、国内組にとっては“ラストアピール”の舞台だ。右ウイングのポジションを争うのはFW浅野拓磨(シュツットガルト)、FW久保裕也(ゲント)ら海外組。伊東はクラブを通じてコメントを発表し、「自分の特徴であるスピードや突破力、ハードワークをしっかりアピールして、海外組を脅かすような存在になりたい」と意気込んでいる。

(取材・文 佐藤亜希子)


●EAFF E-1選手権2017特集ページ