中盤のスタメンに推した3選手は“小柄”な印象が拭えない。眷襦∋梓箸糧甘Г癲

写真拡大 (全2枚)

 2017年11月29日、EAFF E-1 サッカー選手権(北朝鮮、中国、韓国と対戦)に臨むメンバー23名が発表された。
 
 GKは東口順昭(G大阪)、中村航輔(柏)、権田修一(鳥栖)、DFは西大伍(鹿島)、初瀬亮(G大阪)、車屋紳太郎(川崎)、山本脩斗(鹿島)、三浦弦太(G大阪)、植田直通(鹿島)、昌子源(鹿島)、谷口彰悟(川崎)。MFは三竿健斗(鹿島)、今野泰幸(G大阪)、井手口陽介(G大阪)、郄萩洋次郎(FC東京)、大島僚太(川崎)、清武弘嗣(C大阪)、FWは伊東純也(柏)、小林悠(川崎)、倉田秋(G大阪)、阿部浩之(川崎)、杉本健勇(C大阪)、金崎夢生(鹿島)。国内組で編成された23名のメンバーから、大会初戦となる北朝鮮戦のスタメンを予想してみる。
 
 中国で開催された2015年大会は最下位という屈辱を味わっているヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、今回のEAFF E-1 サッカー選手権を決して軽視していない。むしろここで優勝して、ワールドカップ本大会に良い流れを作っていきたいと考えているはずだ。となると、北朝鮮戦はハリルホジッチ監督がメンバー発表会見で強調していた「コンディション」、「経験」が重視されるスタメンになるかもしれない。
 
 GKはこのところJリーグで神懸かった活躍をしている東口だろう。コンディションでは鹿島戦で当たりに当たっていた中村も甲乙付け難いが、経験で劣る。2年半ぶりに代表復帰した権田は現時点で第3GKという位置づけだろう。
 
 4-3-3システムで戦うなら最終ラインは4バックだが、人選は難しい。なにしろ招集されたDF8名のうち、4人が“0キャップ”(山本、植田、三浦、初瀬)で初招集が2人(山本、初瀬)。しかも、最多キャップが昌子の「7」と国際経験を判断基準にできない。
 
 選定基準のひとつはハリルホジッチ監督のコメント──「北朝鮮は空中戦に強い」だろう。右SB候補の西と初瀬がいずれも170センチ台とそこまでサイズがないことを考えると、ここに182センチの谷口を抜擢する可能性もある。CBはいずれもエアバトルに自信がある昌子、植田、三浦のうち2人が担うはずだ。連係面を重視するなら、鹿島コンビの昌子と植田だろうか。
 
 高さを優先するなら、左SBは山本。現体制下での招集歴なら車屋がスタメン候補の筆頭だが、ハリルホジッチ監督が山本についてコメントした内容は無視できない。「彼の場合は守備も攻撃も良いパフォーマンスを見せていますけど、どちらかといえば、特長は守備にあるかもしれません。ヘディングも強いです。特にDPRコリアと中国は空中戦に強いので、こういった特長を持っている選手も必要だと思いました」。
 
 個人的に面白いと考えるユニットは、鹿島勢の同時起用。右から西、植田、昌子、山本というラインナップが実現すれば、鹿島のファンもたまらないだろう。
 山口を負傷で欠く中盤は国際経験を重視した場合、今野、清武、井手口の3人だが、「トップコンディションにまだない」(ハリルホジッチ監督)清武はベンチスタートの可能性もある。もっとも、本来の実力を考えれば清武は11月の欧州遠征に選ばれていても不思議はない実力者。このEAFF E-1 サッカー選手権で監督の信頼を回復できればロシアへの道も開けるだろう。
 
 大島はリーグ最終戦の出来次第か。そこでハイパフォーマンスを見せられるようなら、今野もしくは清武に代わって北朝鮮戦で先発する確率が高まる。今季のFC東京でアンカーが主戦場だった郄萩は「攻撃的MF枠」で招集されているが、大会初戦でいきなりトップ下またはインサイドハーフでの起用は考えにくいか。
 
 もっとも北朝鮮に高さで対抗するなら、183センチの郄萩と181センチの三竿がスタメンの有力候補に浮上する。178センチの今野、172センチの清武、171センチの井手口の3枚だとサイズ感が足りないか。ただ、ハリルホジッチ監督曰く「2、3か月前からチェックしている」三竿は中盤で唯一初招集ということもあり、まずは練習で指揮官を納得させなければならない。現体制下では練習参加できても、実戦で使われないケースが少なくない。最近で言えば、加藤恒平がそのひとりだ。
 
 いずれにしても、最終ラインと同じく中盤も明確な序列は見えてこないのが実情だ。
 
 3トップは小林、杉本、倉田で決まりか。J1得点ランクでトップ(22ゴール)の杉本は目下絶好調で、是非とも使うべきだ。同じく小林も久しく代表に呼ばれていなかったのが不思議なくらい、今季のJ1では確かな存在感を示している。
 
 初招集組の伊東と阿部は三竿と同じくまずは練習が最初の“ハードル”になるだろう。金崎は杉本の控えと見るのが妥当だが、サイドもこなすユーティリティ性を備えている。コンディション次第ではウイングで先発という選択肢もありそうだ。