松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

松山の練習にPGAツアーが密着、貴重シーンを公開…カウントした全180本の全容とは

 男子ゴルフの世界ランク5位・松山英樹(レクサス)は大会連覇をかけ、30日開幕のヒーローワールドチャレンジに出場する。タイガー・ウッズ(米国)の復帰戦で話題を席巻する中、PGAツアーは前回覇者のウォーミングアップに注目。練習の一部始終に密着し、公式ツイッターに「これがツアー5度優勝者のラウンド前ウォームアップだ」と動画付きで紹介すると、話題を呼んでいる。

 だから、一流と呼ばれるのだろう。「ヒデキの流儀」が海外で大きな注目を集めている。

 PGAツアーは公式ツイッターで「ヒデキ・マツヤマがヒーローワールドチャレンジ連覇へ。これがツアー5度優勝者のラウンド前ウォームアップだ」と題し、動画を公開。松山が練習ラウンドで調整する様子を最初から最後まで密着。詳細にレポートしている。

 まずは「グリーンに到着」と紹介し、パット練習を紹介。片手打ち24本、通常の両手打ち28本とカウントし、真剣な表情でパットを振る松山を映している。さらに、今度は練習場に出て、片手打ちを含め、ウェッジ、アイアン、ドライバーなどを順番に練習。各ショットの本数も伝えている。

 続いてアプローチに映り、ピッチング、バンカー、ピッチングと交互に放ち、再びパットを20本。締めくくりは1番ホールのティショットをかっ飛ばした。映像は最後にフルスイング49本、チップショット58本、パット72本で計180本のショットを放ち、練習時間は1時間だったことを紹介している。

練習の虫として知られる松山、海外ファンも感嘆「ここから多くのこと学べる」

 松山は海外でも練習の虫として知られ、ラウンド前は入念にクラブの調整を行う。本場の米記者に「大きな試合の前、君が愛用するドライバーを隅々まで調整すること以上に、試合中における自信へと繋がるものはない。君はしっかりと見ておかないといけない、ヒデキ・マツヤマを」とツイッターで紹介され、話題を呼んだこともある。

 そんな流儀に注目し、全ショットをカウントするなど、密着されるのも世界のトッププレーヤーの証しだ。すべてに真剣な表情、動作で取り組む映像を見た海外のファンも「ここからは多くのことが学べる」と感嘆の声が上がっていた。もちろん、大会連覇に期待が高まってくる。

 今大会はウッズが9か月ぶりに実戦に復帰し、米国でも大きな注目を集めている。そんな最中でも話題を呼ぶ、入念な準備に支えられ、松山は躍進なるか。実際のラウンドでのプレーに注目したい。