28日、韓国日報は、「韓国の元慰安婦が参加した韓国内のイベントで、ある日本の記者が事前調整なく慰安婦少女像に関する質問をしていた」と報じた。写真は元慰安婦を紹介する壁面パネル。

写真拡大

2017年11月28日、韓国日報は、「韓国の元慰安婦が参加した韓国内のイベントで、ある日本の記者が事前調整なく慰安婦少女像に関する質問をしていた」と報じた。

韓国の元慰安婦の支援活動を行う団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香(ユン・ミヒャン)代表は27日、自身のSNSでこの質問をしたとされる日本人記者を批判した。

尹代表によると、この日本人記者は25日午後、ソウル市内で開かれた「女性人権賞」授賞式で、元慰安婦のキム・ボクトンさんの前に突然現れ、慰安婦像に関する質問を投げ掛けたという。また、同記者はその前に尹代表の元にも訪れ、慰安婦像についてのインタビューを求めたが、尹代表は「イベント中だ」との理由で拒否したという。尹代表はその他にも、同記者が自身の名前を使って慰安婦像の制作者との面会を試みたり、日本の元慰安婦支援団体関係者にインタビューを行うなどしたと主張し、「礼儀がなくて低質だ」と強く批判した。

この報道に、韓国のネットユーザーからも「本当に低質だ」「事前調整なく記事を書くということは、自分たちに都合のいいように書くということ」「先に取材すべき国内の問題があるでしょう?」など日本人記者に対する批判的な声や、「マナーのない日本人記者は入国禁止にするべき」「韓国メディアも対抗しなければならない。政府はメディアを積極的に支援するべき」などと訴える声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)