「今回の税制見直しの給与所得税部分は、子なし税なんじゃないか」。そんなことが独身アラフォーOLに大きな話題になっていた先週、党役員連絡会で、山東昭子参院議員が発言したという、衝撃提案。

「子供を4人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを検討してはどうか」。

「子供のある、なしで区別されていいものなのか」ともやもやしている最中、今度は人数ときたもんだ。VS子だくさん、です。

知人の独身アラフォーが「時代錯誤すぎて『新婚さんいらっしゃい!』の三枝師匠ばりに椅子から転げ落ちた」というのは表現が古いしウソだと思いますが、なんで今、この提案?わざとなのか?と思わずにはいられません。

山東議員は75歳。戦中戦後育ちの「産めよ増やせよ」世代だからと考えれば、そりゃご本人のまわりにも、4人5人と兄弟がいた家族も多かったでしょう。それに比べたら今は少ない、と思われるのかもしれません。

新聞社の取材によると、その提案の理由は「女性活躍社会で、仕事をしている人が評価されるようになって、逆に主婦が評価されていないという声もある」からで、「どうだろうかと発言した」そうです。

まず、「どうだろうか」にもやもやします。思い付きか。ジャストアイデアか。

党役員連絡会というものがどんな立ち位置のものなのか、いまひとつよくわかっていないのですが、役員の方々が集まって、ブレストするところなんでしょうか。

「主婦が評価されていない」と思っている主婦は、いると思います。そういう話はよく聞きます。

でも、その発言のもとは、「家事子育ては妻であり母である女性がして当然のものと思っている、家族や夫に対する不満」であって、実際は主婦は評価されたいんじゃなくて、家族や夫に普通に感謝されたいと思っているのだと思うんです。違うんですかね。厚生労働省に表彰されると嬉しいんでしょうか。表彰されると、家族や夫も一目置いてくれるようになり、それが求められているんでしょうか。

でも、子供4人以上ですけど。つまり3人までだと評価すらされない、ってことになりますけど。どうなんでしょう。

表彰するなら金をくれ!?

そして、この表彰の方法が「申告制で」というところにも、もやもやします。「主婦が評価されていないという声」の主が、「私、評価して欲しいんです!」と来たら、表彰してあげる、という仕組みです。

山東さんの、そこはかとない上から目線を感じます。「どうだろうか」というのは、「評価して欲しいと思ってるらしいから、表彰してあげたら?」じゃないでしょうか。そんなことされて、嬉しいんでしょうか。わからんなぁ。主婦の気持ちも提案の意図も。

筆者の知人に、もうひとり欲しいなぁ〜と思っていたら4回目の妊娠が双子だったため、5人のママになってしまった人がいます。この件について聞いてみると、「表彰されてもねぇ」と笑っていました。「副賞がお米だったり、家事の手伝いをしてくれるサービスだったりすればいいかもねぇ。今必要なのは、子供を生かしていくための食べ物と人手だから」。

そうですよ。副賞があるのかもしれない。「どうだろう」レベルの提案なので、深掘りなんてしていないでしょうけど。

子だくさんピンバッチかなんかと賞状だけ、なんてことはないのかもしれません。

ピンバッチと賞状だって園児が手作りすれば数百円ですが、厚生労働省で動けば、それにまつわる製作や窓口の人件費で莫大な予算が設定されるわけです。そんなもったいない話があるんだろうか、と思っちゃったんですが、さすがに、それで終わらせるほどバカっぽい提案なんて、ブレストレベルでもないですよね。

今回の税制見直しでは、「800万円〜900万円以上の給与所得者が増税の見通し」という状況から「800万円以上の給与所得者の増税で、調整」となりました。

除外は子育て世帯なのか、子供がいる世帯なのか、まだふわふわっとしていますし、要介護者のいる世帯も除外対象になるかもなどと言われていますが、子供がいない該当世帯は増税確定です。

増税になるのは、もう、しかたがないです。が、その税金がどう使われるのか。この見直しは、消費税10%から、生活消耗品を除外するために不足した額の穴埋めに使われると言われています。

そして、もともと消費税10%によって増えた2兆円は、保育園無償化などの子育て支援に使うとされていました。

この「など」は何なのか。くれぐれも、ピンバッチのアートディレクション費と賞状なんかに使われませんように。切に願うばかりです。

「表彰するより金をやれ」「産めばエライっていう風潮無理」「増税もう勘弁」……その2では「4人出産で表彰」について、増税決定のアラフォーOLに聞いた意見を紹介します。〜その2〜に続きます。

よその子でも、かわいいと思う時はかわいいと思う。でも、この子たち、独身アラフォーOLに絶対感謝しないよね。「おばちゃんたちが税金いっぱい払ってくれたから保育園入れました。ありがとう」って。だって、知らないから。