主演ドラマ「刑事ゆがみ」の撮影現場でバースデーサプライズを受けた浅野忠信/(C)フジテレビ

写真拡大

毎週木曜夜10時から放送中の木曜劇場「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)の撮影現場で、神木隆之介ら出演者やスタッフらが、主演・浅野忠信の誕生日をサプライズで祝福した。

【写真を見る】弓神の似顔絵が描かれたバースデーケーキ/(C)フジテレビ

11月27日に44歳の誕生日を迎えた浅野。その翌日は12月7日(木)に放送される第9話の撮影で、ゲスト出演者の中村静香が演じる女性技官が、浅野の演じる主人公・弓神適当に質問し、“ポリグラフ検査(うそ発見器)”にかけるシーンが収録されていた。

撮影は順調に進むかと思われたが、技官役の中村の口から突然、「昨日はいちごのケーキで誕生日をお祝いしましたか?」「誕生日を祝われるのは嫌いですか?」と、台本にない質問が飛び出した。

思わぬ事態に浅野がぼうぜんとしていると、目の前に弓神の似顔絵が入ったバースデーケーキが登場。神木、稲森いずみ、仁科貴、中村ら共演者やスタッフも集まり、浅野の誕生日を祝う盛大な拍手が送られた。

浅野は「まさかこんなことが起こると思わなかった! めちゃくちゃうれしい!」と感激。最後に全員でケーキを囲んで記念写真を撮影し、ドラマの最終回に向けて出演者、スタッフ一同がチームワークを高めた。

同ドラマは、“何でもありの天才適当刑事”弓神適当(浅野)と、“出世欲に燃える腹黒刑事”羽生虎夫(はにゅうとらお・神木)の凸凹バディが、現代社会のゆがみを見抜き、埋もれかけた真実をあぶり出す刑事ドラマ。11月30日(木)放送の第8話では、弓神がかつて逮捕した女性が謎の死を遂げるというストーリーが展開する。

■ 第8話あらすじ

好きだった競走馬の引退を知って落ち込む弓神(浅野)は、憂さ晴らしに羽生(神木)を連れてキャバクラに行く。馬の話ばかりしてあきれられる弓神とは対照的に、キャバクラ嬢のキララ(久松郁実)たちからおだてられ、調子に乗って酒を飲む羽生。そこに猿渡愛実(市川由衣)が姿を現す。

弓神は、かつて愛実を窃盗容疑で逮捕したことがあった。愛実は、犯罪からすっかり足を洗い、児童養護施設にいる一人息子の実(吉沢太陽)と一緒に暮らすことを夢見て、キャバクラ嬢をしながら昼の仕事を探しているという。

それから数日後、愛実が高級マンションの敷地内で死体となって発見される。その手には180万円もの現金が握られていた。

愛実は、このマンションで一人暮らしをしている元銀行員の資産家・沼田徹(小林隆)の部屋から現金を盗み、逃げようとした際にベランダから転落した可能性が高かった。ただ、現金が戻り、沼田も被害届は出さないと言っているため、今回の一件は事故扱いになるという。

しかし弓神は、愛実が誰にも気付かれずに少額を盗むことから"透明人間"という異名を持っていたことや、彼女が弓神に窃盗に手を染めないと誓った様子から、彼女の死に不審を抱く。

そんな中、うきよ署強行犯係は、県警本部の須崎警視が指揮を執る高齢者を狙った詐欺事件の捜査に協力することになった。だが、おとり捜査のさなか、現金の受け子としてある人物が現場に現れる。(ザテレビジョン)