小型電気トラック「eキャンター」

写真拡大

 三菱ふそうトラック・バスは、今後2年内をめどに小型電気トラック「eキャンター」のゴミ収集車タイプを投入する。同タイプのeキャンターの設計・開発を2018年内に着手する方針。生産台数は今後詰める。世界初の量産型小型電気トラックとなるeキャンターは、17年度に日米欧州市場で150台の生産を計画しており、2年後には500台まで引き上げる。車型を追加することで計画達成に弾みをつける。

 ゴミ収集車タイプは現行のeキャンターをベースに開発する。現行車両は総重量(GVW)7・5トンクラス。約1時間の急速充電で80%の充電でき、航続距離は100キロメートル以上を確保した。

 最大出力135キロワット、最大トルク420ニュートンメートルのモーターと360ボルトの高電圧リチウムイオンバッテリーパック6個を搭載している。18年から専用シャシー(車台)などの設計に入る。主力の川崎工場(川崎市中原区)がある川崎市での初採用を見込む。

 三菱ふそうは、親会社の独ダイムラーが9月に急速充電バッテリーを開発するイスラエル企業に出資したことで、最短5分で充電ができる電気トラックの開発を進めている。

 ただ、ゴミ収集車は輸送用トラックと比べて、稼働時間や走行ルートが決まっており、航続距離は100キロメートルあれば十分なため、現行車両ベースでの開発が可能と判断したものとみられる。