協会に突きつけた停戦条件は…

写真拡大

 横綱日馬富士(33)による貴ノ岩(27)への暴行事件が明るみに出てから、はや2週間。ついに横綱の引退にまで発展したこの問題では、相撲協会に報告しないまま警察に被害届を提出し、メディア取材に無言を貫くなど、渦中の貴乃花親方(45)の対応には不可解な点が指摘される。その頑なな態度を読み解くカギは「八百長」にあった。

 ***

「貴ノ岩がガチンコ力士だというのは有名です」

 と話すのは、今回の事件を機に来日し、日本のメディアをさんざん引っ掻き回して去った元旭鷲山である。“汚い相撲は取らない”と常々公言していた貴ノ岩は、モンゴル人力士が出入りする錦糸町のカラオケバーでも、八百長について不満をぶちまけていたという。

協会に突きつけた停戦条件は…

 その裏には「モンゴル互助会」への批判があるわけだが、当然、それは他のモンゴル勢の耳にも入る。暴行事件が起きた10月25日の夜には、日馬富士ら参加者たちから、そうした貴ノ岩の“態度の悪さ”への叱責が始まり、その最中にスマホを触っていた貴ノ岩に日馬富士が激怒し……というのが暴行事件の経緯である。

 これを踏まえ、

「“八百長”“ガチンコ”というキーワードを含めて事件全体を捉えると、クリアになります」

 と貴乃花親方に近い相撲協会関係者は語る。貴乃花親方の“八百長嫌い”は現役時代から徹底していて、

「そのようなキーワードが見え隠れするような事件について協会に報告しても揉み消されるのは目に見えている。だから協会からの聞き取りをはぐらかし、貴ノ岩本人への聴取を拒否し続けているのです」

 一方で貴乃花親方は早々に警察を介入させ、民事訴訟も辞さない構えを見せているが、これも“八百長”という言葉を供述調書や裁判記録に残すため、とこの関係者は指摘する。

「警察や裁判所が事実を把握し、それが公になれば協会の八角理事長も動かざるを得なくなる。貴乃花親方の狙いはそこにあるのです」

 つまり今回の事件を機に、「モンゴル互助会」の殲滅を協会に求めている、というワケなのだ。11月30日発売の「週刊新潮」では、横綱白鵬(32)の疑惑の十番勝負を検証すると共に、日馬富士の暴行事件について詳しく報じる。

「週刊新潮」2017年12月7日号 掲載