火山灰の影響で閉鎖のバリ国際空港 29日午後3時から稼働再開の見通し

ざっくり言うと

  • バリ国際空港が29日午後3時から稼働を再開する見通し
  • 同空港は火山噴火による火山灰の影響で、2日間にわたり閉鎖していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング