G大阪の期待の若手DF初瀬 photo/Getty Images

写真拡大

日本サッカー協会(JFA)は29日、東アジアの頂点を決める『EAFF E-1 サッカー選手権2017決勝大会』へ臨む日本代表メンバー23名を発表した。

J1首位の鹿島アントラーズとともに、今回最多となる6名の選手が招集されたガンバ大阪。代表復帰を果たしたベテランMF今野泰幸や、初招集となった20歳の若手DF初瀬亮らが、意気込みなどを語った。クラブの公式サイトが次のように伝えている。

GK東口 順昭
「選出していただき、嬉しく思います。今回、3試合という試合数の中で、しっかりと実経験を積む機会にし、優勝という結果で残してきたいです」

DF三浦 弦太
「選んでいただき、嬉しく思います。ガンバからこれだけの人数が選出されたことを誇りに、自分自身は試合に出てさらに高みを目指していけるよう、取り組んできます!」

DF初瀬 亮
「初めてA代表に選出していただき、嬉しく思います。こんな機会は少ないと思いますし、チャンスを活かせるよう、全力でアピールしてきたいと思います!」

MF井手口 陽介
「選出され、嬉しいです。今シーズンガンバ大阪でやってきたこと、代表でしてきた経験をしっかり出して戦ってきます」

MF今野 泰幸
「選出いただき、光栄です。今回は親善試合ではなく東アジアのトップを決める大会ということで、自分自身もチームとしてもしっかり結果を残せるように戦ってきたいです」

FW倉田 秋
「選出されて嬉しく思います。怪我もありましたが、W杯本大会に向けてこの大会に選出されることが重要だと見据えてきたので、しっかりと結果も求め、自分自身も高めてきたいです!」

はたして、同大会でのチャンスを活かし、ロシア行きのチケットを掴み取る選手は何人現れるのか。