北朝鮮の新型ICBM 米専門家の見方「米本土のどの場所にも到達可能だ」

ざっくり言うと

  • 北朝鮮の新型ICBMについて米ミサイル技術専門家が見解を語った
  • 通常軌道で発射された場合、飛距離は1万3000km以上になると米専門家
  • 「ワシントンだけでなく、米本土のどの場所にも到達可能だ」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング