HP Spectre 13

写真拡大

 日本HPは、個人向けプレミアムノートPC「Spectre(スペクトル)」の新製品として、セラミックホワイトボディで、薄くスリムなクラムシェル型の「HP Spectre 13」と、2in1 コンバーチブル型の「HP Spectre x 360」を発売した。

 「HP Spectre 13」は、タッチ対応ノートPCとしては世界最薄10.4mmの13.3インチモバイルノートPC。前機種と同等の重さ・厚さのまま、ディスプレイはタッチパネルに対応した。

 本体はCNC削り出しアルミニウムとカーボンファイバーを使用し、艶消しのセラミックホワイトにゴールドのエッジが映えるカラーリング。高級家具からインスピレーションを得たリング型のヒンジなども取り入れ、プレミアム感のあるデザインに仕上げた。

 ラインアップは「スタンダードモデル」と「パフォーマンスモデル」の2モデルで、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2、USB Type-C 3.1などを備える。OSはWindows 10 Pro 64ビット。バッテリ駆動時間は約11時間15分。サイズは幅308.0×高さ10.4〜12.5×奥行き225.0mmで、重さは1.11kg。

 「スタンダードモデル」は、CPUにインテルCore i5-8250U、メモリ8GB、256GBのSSDを搭載する。オンラインショップのHP Directplusでの税別価格は14万9800円から。「パフォーマンスモデル」は、インテルCore i7-8550U、メモリ16GB、512GBのSSDを搭載し、税別価格は17万9800円から。

 「HP Spectre x 360」は、360°回転するディスプレイを装備し、4つのモードで利用できる13.3インチのコンバーチブルノートPC。タッチパネル対応ディスプレイは、画面の周囲にフチのほとんどない狭額ベゼルで、一部のモデルでは内蔵プライバシースクリーン機能「HP Sure View」をオプションで選択できる。

 ラインアップは、「ベーシックモデル」「スタンダードモデル」「プロフェッショナルモデル」「パフォーマンスモデル」の4モデルで、「ベーシックモデル」と「スタンダードモデル」のみ、アッシュブラックに加え、ナチュラルシルバーも用意する。

 モデルによってCPUやメモリ、ストレージ容量が異なり、CPUはインテル Core i7-8550UまたはCore i5-8250U。このほか、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2、USB3.1、USB Type-C 3.1、microSDカードスロットなどを備える。サイズは幅307.0×高さ13.6×奥行き218.0mmで、重さは約1.29kg。税別価格は13万9800円から。

 今冬限定カラーモデルとして、ローズゴールドの「HP Spectre x360 Special Edition」も11月下旬から順次発売する。ラインアップは、「ベーシックモデル」「スタンダードモデル」「プロフェッショナルモデル」の3モデルで、主要スペックやサイズなどは標準モデルと同様だが、キーボードは英語仕様となる。税別価格は14万9800円から。

 なお、「二子玉川 蔦屋家電」では、「Start 2018 with New Spectre〜新しいスペクトルで始める15のこと〜」をコンセプトとした「HP Spectre 13」と「HP Spectre x360」のプロモーションイベントを12月1日から開催する。