ハリル、E−1選手権は「優勝を目指す」…国内組には「自分を見せて」

写真拡大

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は29日、EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

 今大会では、9日に北朝鮮代表と、12日に中国代表と、16日に韓国代表と対戦する。海外組を招集することができず、国内組のみでの戦いとなるが、ハリルホジッチ監督は「Jリーグの選手たちにとっては、自分を見せてA代表に立候補するすばらしい機会」と言及。さらに「決断力をもって意欲的に全ての試合を戦ってもらいたい」と要求している。

 もちろん、同監督は2018 FIFAワールドカップ ロシアを見据えた戦いであると位置づけており、「ワールドカップの準備の一環であるということも忘れてはならない」と気を引き締めた。そのうえで、「しっかり優勝を目指し、成功を収めるべく努力する」と意気込みを語っている。