「重大報道」を発表する朝鮮中央テレビのアナウンサー=29日、ソウル(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央テレビは29日の「重大報道」で、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験に成功したとする政府声明を発表した。

 報道によると、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が28日に発射実験を指示し、発射に立ち会った。金委員長は「発射の成功を見守り、国家核武力完成の歴史的な大業、ロケット(ミサイル)強国の偉業が実現したことを宣布した」という。

 また、火星15について「米本土全域を攻撃できる超大型重量級の核弾頭装着が可能な大陸間弾道ロケット」だとし、7月に発射したICBM級「火星14」よりも技術特性に優れていると主張した。

 北朝鮮が火星15の存在を公開したのは初めて。報道は、火星15が29日午前2時48分(日本時間同3時18分)に平壌郊外で発射され、最高高度は4475キロに達し、53分にわたり950キロを飛行して設定した目標水域に着水したと伝えた。周辺国の安全に影響はなかったとした。

 北朝鮮によるミサイル発射は9月15日に中距離弾道ミサイル「火星12」を発射して以来、75日ぶり。日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと推定されている。