画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日立製作所は11月29日、スマートフォン向けのヘルスケアアプリケーション「MyLifePal(マイ・ライフ・パル)」を開発したことを発表した。12月から同アプリの社内実証実験を開始し、2018年度中の実用化を目指す。

同アプリはスマートフォンに搭載された機能で歩数や睡眠時間などを自動的に計測するとともに、同社独自の顔画像解析技術により、スマートフォンで顔を撮影するだけで、脈拍やストレス度を測ることも可能だという。その日の調子や疲労感を対話形式で気軽に入力できるので、利用者の健康データをトータルに管理できる。

また、専門の管理栄養士や美容コンサルタントの監修のもと、女性利用者のニーズが高い食事や美容に関するコンテンツを充実させている。利用者の健康データをもとにオススメの食材を知らせしたり、美容コンサルタントがコスメ・美容の総合サイト「@cosme」からオススメの記事を配信したりする。さらに、おすすめの食材を利用した料理のレシピは、キユーピーが提供するレシピサイト「とっておきレシピ」から検索することが可能だ。