【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は29日、政府声明を出し、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射に成功したと発表した。朝鮮中央放送が声明を重大報道として伝えた。

 北朝鮮は声明で「朝鮮労働党の政治的決断と戦略的決心に基づき、新たに開発した大陸間弾道ロケット火星15の発射実験が成功裏に行われた」と発表した。

 声明は火星15について「米本土全域を攻撃できる超大型重量級の核弾頭装着が可能」とした上で、7月に発射したICBM級「火星14」に比べ技術面ではるかに優れていると主張した。

 同ミサイルは同日午前3時18分、平壌郊外から発射された。高度は4475キロに達し、約53分間で950キロ飛行したという。