【詳細】他の写真はこちら

松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』(配給:ショウゲート)が、2018年2月1日より公開。このたび、真野恵里菜が演じる、借金まみれの風俗嬢・優の画像が解禁された。

『不能犯』は、『ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-』などで知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、『グランドジャンプ』で連載中の同名漫画が原作。

絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李、宇相吹が唯一コントロールできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じているほか、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星 水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍という豪華キャストが出演。

さらに、主題歌が、今大注目の男女2人組ロックユニット、GLIM SPANKYの書き下ろし楽曲「愚か者たち」に決定するなど、話題を集めている。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。

両親の離婚が原因で姉の理沙(芦名星)とは別々に育ち、今は風俗で働く優(真野恵里菜)。父親の借金返済に苦しんだ自分と違って、母親に引き取られて幸せに育ち、もうすぐ大病院の院長候補の男と結婚をする、順風満帆な姉への嫉妬と憎悪から宇相吹(松坂桃李)に依頼をしてしまう。宇相吹は、“願い”をかなえてくれる一方で、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招く男。果たして、優の依頼は愚かな結果を招いてしまうのか……?

このたび、風俗嬢・優を演じる真野の場面写真が初解禁。そのうちの一枚は、依頼をするに至る“ある出来事”の前の、不安げな目つきと艶っぽい姿が印象的な内容。優の背後には、ニタァと不気味な笑みを浮かべる宇相吹(松坂)の姿も映し出されているが、宇相吹はターゲットに対しどんな手口で死に導くのか? 優の迎える結末も気になる画像となっている。

『新宿スワン』『ラブ&ピース』『リアル鬼ごっこ』など園子温監督作品で高く評価され、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』、『逃げるは恥だが役に立つ』、直近では11月25日に公開となったばかりの映画『覆面系ノイズ』など、話題作に続々出演を果たし、女優としての評価もうなぎのぼりとなっている真野。白石監督は「今回はたくさんの美しい人たち…芦名星さん、矢田亜希子さん、真野恵里菜さんに出演してもらいましたが、皆さん難しい役どころをエネルギッシュに演じてくれています」と称賛のコメントを寄せている。

様々な人間が持つ心の闇が依頼内容からあぶりだされ、宇相吹のターゲット、依頼人がどんな末路を辿るのかも見どころのひとつである本作。嫉妬と憎悪に満ちた、借金まみれの風俗嬢というキャラクターを、真野がどう演じているのかにも注目だ。



映画情報



『不能犯』

2018年2月1日(木)全国ロードショー

出演:松坂桃李 沢尻エリカ

新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)

監督:白石晃士

脚本:山岡潤平、白石晃士

配給:ショウゲート

(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

映画『不能犯』作品サイト

http://funohan.jp/