プロ15年目で自身初の退場処分を受けたレブロン・ジェームス【写真:Getty Images】

写真拡大

ヒート戦で判定に猛抗議、32歳&15年目で初退場…米メディア速報&ファン騒然

 NBAでキャバリアーズのレブロン・ジェームズがプロ15年目で自身初の退場処分を受けた。28日(日本時間29日)のヒート戦の第3クオーターに2つのテクニカルファウルを取られた。温厚で知られる32歳の「キング」が通算1082試合目に訪れた退場劇に米メディアも続々速報。“歴史的瞬間”も動画付きで紹介され、ファンから「こんなの見たことない」「信じられない」と騒然としている。

「キング」にまさかの瞬間が訪れた。93-70と大きくリードした第3クオーターの残り2分だった。

 ドリブルで攻め上がったジェームズは、ジャンプシュートを放つ直前、相手に体をぶつけられた。放ったシュートは外れたが、笛はなし。相手がリバウンドを取った次の瞬間だった。判定に納得がいかなかったジェームズは、サイドライン際にいた主審に大きなジャスチャーを見せながらにじり寄り、何やら大声で言葉を吐く素振りを見せた。

 直後、主審はテクニカルファウルを宣告。それでも、ジェームズは引き下がらず、主審は2つめのテクニカルファウルを告げ、退場をコールしてしまった。騒然とする会場。ジェームズは納得いかなかったのか、怒りの形相で二言、三言、言葉を浴びせた。味方にたしなめられ、主審から離れたが、コートを横切って去りながら、何度も声を上げ、収まらない感情を爆発させていた。

 6反則は過去にあるが、テクニカルファウルでは15年目で初の退場。NBAを代表するスターの“珍事”に米メディアも騒然となった。スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」は動画付きで“歴史的瞬間”を速報。映像を見ると、何度も不満の態度を見せたジェームズは悔しさを押し殺した表情で出て、最後はうつむきながらロッカーに戻っていく場面でまで収められている。

宣告の主審「数回、下品な言葉を発した」、初退場ジェームズ「今夜がその夜だった」

 映像を見たファンから「レブロンが審判に対してこんな風に腕を振ったのを見たことがないよ」「ワオ、信じられない」などと声が上がり、スポーツ専門誌「イラストレイテッド」は「見よ:レブロン・ジェームズがキャリア初退場」、米紙「USトゥデー」は「レブロン・ジェームスがマイアミ・ヒート戦でキャリア初退場」と特集。多くのメディアが驚きをもって速報している。

「ESPNスタッツ&インフォ」公式ツイッターによると、ジェームズはレギュラーシーズンで過去1081試合退場がなく、1144試合のトニー・パーカー(スパーズ)、1139試合のパウ・ガソル(スパーズ)に次ぎ、現役3番目の記録だったという。

 ESPNでは、退場を宣告したフィッツジェラルド主審のコメントを紹介。「ノーファウルの直後、彼は振り返り、私に向かって拳を宙に突き出した。そして、彼は私の方へと勢い良く向かい、数回、下品な言葉を発した」と状況を説明している。

 一方、「USAトゥデー」はジェームズが「NBA TV」に語ったコメントを紹介。「自分の人生において、退場させられたことはなかった。何事にもはじめがあると言うけど、今夜がその夜だった」と話したという。

 21得点12リバウンドを挙げてチームも108-97で勝利し、9連勝。しかし、それ以上にファン、本人にとって、まさかの形で歴史的な夜になってしまった。