ゲイリー・オールドマンが特殊メイクでチャーチルに ジョー・ライト監督最新作、来年3月公開

写真拡大

 ゲイリー・オールドマンが主演を務める映画『Darkest Hour』が、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の邦題で2018年3月に日本公開されることが決定した。

参考:『PAN ネバーランド、夢のはじまり』に見る、ジョー・ライト監督の映画作りのルーツ

 本作は、第二次世界大戦初期、イギリス首相に就任したウィンストン・チャーチルの実話を基にした歴史エンターテインメント。首相就任からダンケルクの戦いまで、チャーチルの知られざる4週間が映し出される。『プライドと偏見』『つぐない』のジョー・ライトが監督を務めた。

 『レオン』『ダークナイト』のオールドマンが、特殊メイクによりチャーチルへと変貌を遂げた。そのほか、チャーチルを支える妻クレメンティーン役に『イングリッシュ・ペイシェント』のクリスティン・スコット・トーマス、秘書エリザベス役に『ベイビー・ドライバー』のリリー・ジェームズ、英国王ジョージ6世役に『ベイビー・ドライバー』のベン・メンデルソーンらが出演する。(リアルサウンド編集部)