伊達公子

写真拡大

28日深夜放送の「トーキングフルーツ」(フジテレビ系)で、元プロテニスプレーヤー・伊達公子氏が離婚後の元夫との意外な関係を明らかにした。

番組では、MCの古舘伊知郎が伊達氏をゲストに迎え、引退や離婚などについてインタビューした。伊達は2001年12月、自動車レーサーのミハエル・クルムと結婚したが2016年9月に離婚している。

伊達氏は「みなさんにはなかなか理解しがたい」だろうが、今も元夫と仲がよく、先日もふたりで食事をし、連絡もよく取っていることを明かした。

元夫と話をしている間に「年取ったときに(結婚していることは)何かちょっと違うかな」という結論になり、離婚に至ったという。「いったんリセットして、それぞれ好きなことをして、友達で好きなときに会えばいいね」となったそうだ。

すると古舘は、伊達氏が2016年にオープンしたパン店の話を始めた。店名がクルム夫人を意味する「フラウクルム」であることを不思議に思ったという。伊達氏は、店名を決めたのは離婚間際だったが、ドイツパンを好きになったのは元夫の影響なので、「クルム」という名前を使うのは自然のことだったという。

離婚後、元夫の家族から「公子はずっとファミリーだからいつでもドイツに遊びに来てね」というメールが届き、ふたりの関係性に理解があることを明かした。さらに、ミヒャエルからは「別れたほうが仲がよくなるケースもたくさんある」「別れたからと言って会っちゃいけないという理由もない」と言われたそうだ。

伊達氏は「自分自身へのネガティブな部分」も考えたというが、それよりもふたりが「いい方向に向くために離婚するほうがいい場合もある」と、当時の心境を振り返っていた。

【関連記事】
明石家さんま 大竹しのぶと離婚した後にも義母との交流を告白
福田明日香が元旦那への未練を告白「私は離婚したくなかった」
遠野なぎこ 袴田吉彦の「アパ離婚」再ブレーク報道に痛烈「ブレークしたことある?」