画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝デジタルソリューションズと中国ファーウェイは、今年3月に産業向けIoT分野における協業に合意し、その最初のプロジェクトとしてNB-IoTのスマートファクトリー分野への活用に向けて技術検証を進めてきた。

この一環で11月15日〜16日にロンドンで開催された「モバイルブロードバンドフォーラム 2017」において、NB-IoTを活用したスマートファクトリーソリューションを披露した。

両社は今後、ファーウェイが日本を含む世界各国に設置するオープンラボを活用して本ソリューションの実証実験を行い、さらに商用展開に向けた検討を進めていくという。

東芝デジタルソリューションズは、東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX(スパインエックス)」を活用した機器の稼働状況の遠隔監視に加え、東芝アナリティクスAI「SATLYS(サトリス)」により、異常検知・故障予知を実現するインダストリアルIoT向けソリューションを提供。

一方ファーウェイのNB-IoTソリューションは、中国、韓国、ドイツ、スペインなどの通信事業者14社により商用化されているほか、シェア自転車や家電、水道メーター、街灯、物流などの40業種・600社の企業とNB-IoTの活用に向けてオープンな協業を進めている。

今回の協業では、東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX」上に、ファーウェイのNB-IoTソリューションを適用することで、電波が届きにくく、商用電源の確保が難しい工場屋内における機器の遠隔監視を実現するスマートファクトリーソリューションを目指すという。