画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ハイエンドモデルを格安通信に投下

ソニーネットワークコミュニケーションズのMVNOサービス「nuroモバイル」が、Xperiaシリーズの最上位モデル「Xperia XZ Premium」を発売する。11月28日の発表会では、端末だけでなく専用のプレミアム回線やアップロードの無料化など、新たな施策を打ち出してきた。

MVNO各社が「格安」以外の道を模索する中、nuroモバイルの発表は異例の「プレミアム」戦略として注目を浴びている。その狙いはどこにあるのだろうか。

○Xperiaの最上位機種を発売へ

ソニーネットワークコミュニケーションズは、Xperiaシリーズで知られるソニーモバイルコミュニケーションズの100%子会社だ。だが肝心のスマホは、2015年にミドルレンジの「Xperia J1 Compact」を出したものの、その後は他社製品ばかりを売っていた。

理由のひとつは、ソニーモバイルが大手キャリアを優先してきたからだ。Xperiaは日本ではiPhoneに次ぐブランドとして成功を収めており、規模の小さいSIMフリー市場に参入するリスクを取る必要はなかったといえる。

だがSIMフリー市場は10%前後まで拡大してきた。スマホ市場全体でも「docomo with」などにミドルレンジ機を供給するメーカーに勢いがある。ソニーモバイルとしても重い腰を上げざるを得ない状況になっていた。

サプライズになったのは、nuroモバイルが最上位の「Xperia XZ Premium」を発売する点だ。大型テレビと同じ「4K」の画面を搭載するなどスペックは最上級で、格安が期待されるMVNO向けはミドルレンジ機だろうという大方の予想を裏切るものとなった。

問題は価格だ。ドコモで購入する場合、月額料金こそ安くはないものの、手厚い割引が付いてくる。これに対してnuroモバイルは端末の割賦代金込みで月額2980円からという低価格を打ち出してきた。だがこれは1年目の話で、2年目と3年目に料金は上がる。これではドコモと変わらないとの印象は拭えない。

だがnuroモバイルには秘策があった。端末だけでなく回線もプレミアムなものを提供し、あらゆるアップロードを無料にするというオプションだ。

●高額機種を売るためのシカケ

○Xperiaを活用して「格安」以外の道を切り開く

新たに発表した「プレミアム帯域オプション」では、Xperia XZ Premium専用の帯域を割り当てることで高速通信を実現する。さらに上りの通信では容量を消費しない「アゲ放題」も導入した。SNSなど特定のアプリを無料化する事業者は存在したが、アプリを限定せずにアップロードを無料化するのは業界初だという。

狙いは動画のアップロード需要だ。ユーチューバーやネット動画に出演するタレントの影響もあり、見るだけでなくスマホで動画を撮って配信する人も急増している。だがモバイル回線で動画を上げると大量に「ギガを消費」し、安価なMVNOでは速度が出ないのが難点だった。

これらを解決するのがnuroのプレミアム帯域だ。具体的な速度は保証していないが、銀座のソニーストアでの計測では上り50Mbpsを超えたという。これだけあれば動画の画質や解像度、長さを妥協する必要はない。今後も新しい動画サービスは雨後の筍のように出てくると予想されるため、アプリを限定しないという方針も的を射ている。

これでnuroが最上位のXperiaを投入した意味も見えてくる。Xperia XZ Premiumなら4Kで撮った動画を4Kの画面で見られるので、その動画を思う存分ネットに上げてほしいというわけだ。まずは1万3000台の限定販売と発表しているが、うまくいけば他のXperiaシリーズも続々と出てきそうだ。

MVNOは「格安」の触れ込みで普及したものの、各社は価格競争に苦しんでおり、大手キャリアも低価格攻勢を仕掛けてきた。その中でnuroモバイルは、ソニーグループの「Xperia」という切り札をプレミアム回線と組み合わせることで、格安以外に生き残る方法を切り開こうとしている。