防弾少年団(所属事務所提供)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全6枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国の男性7人組グループ、防弾少年団(BTS)が米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」に再びランクインした。

 ビルボードが28日(現地時間)発表した最新チャートで、防弾少年団のミニアルバム「LOVE YOURSELF 承 ‘Her’」は198位に入った。

 防弾少年団が9月に発売したこのアルバムは「ビルボード200」で初登場7位を記録し、25位、35位、15位、86位、144位と6週連続でランクインした。先月31日に発表されたチャートでは圏外に転落したが、今回再び200位以内に返り咲いた。

 これは防弾少年団が19日に米音楽賞「アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)」の授賞式でKポップグループとして初めて公演を行い、知名度が上昇した影響とみられる。

 また、防弾少年団はビルボードの「ソーシャル50」チャートでも50回目の1位を達成した。

 「ソーシャル50」チャートはフェイスブック、ツイッター、ユーチューブ、ウィキペディア、タンブラーなど世界のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で最も影響力のある歌手のランキングだ。歌手ごとのフォロワー数、ホームページのアクセス数などを毎週総合して決定される。

 防弾少年団は12月8〜10日、ソウル・高尺スカイドームでコンサート「2017 BTSライブトリロジーエピソード3 ザ・ウイングスツアー ザ・ファイナル」を開催する。