画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは11月29日、既設のネットワークで一般的に利用されているCat5e/Cat6規格のLANケーブルで2.5G/5Gを実現するIEEE 802.3bzに対応した10Gアップリンク L2+スマートスイッチ「MS510TX」と、PoE+に対応した「MS510TXPP」を12月4日より販売すると発表した。

「MS510TX」および「MS510TXPP」は10/100/1000×4、100/1G/2.5G×2、100/1G/2.5G/5G×2、100/1G/2.5G/5G/10G×1ポート、SFP+スロット×1ポートを搭載。「MS510TXPP」はさらにPoE+に対応(筐体全体で180W)した、マルチギガ対応 10Gアップリンク L2+スマートスイッチ。対応している最大の通信速度は1Gbps。価格は「MS510TX」が78000円(税別)、「MS510TXPP」が12万円(税別)。

今回リリースするマルチギガ(2.5G/5G)対応10Gアップリンク L2+スマートスイッチ「MS510TX」「MS510TXPP」は既存のCat5e/6を利用して2.5G/5G の通信速度を実現できるため、機器を入れ替えるだけでネットワークの速度が5倍になるという。