家電量販店やネットショップ、PCショップなどの実売データを集計した「BCNランキング」によると、2017年11月27日に販売されたデジタル一眼レフカメラの平均単価は10万5855円、最も販売数の多かったメーカーは、シェア60.2%でキヤノンだった。

 また、Androidスマートフォン市場において、最も販売数の多かったメーカーは、シェア26.4%でシャープだった。(BCNメディア編成部)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。