画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは11月24日、4Uラックサイズ(高さ約18センチメートル)に60台の3.5インチ SATA ハードディスクドライブ(HDD)を搭載可能なネットワークストレージ「ReadyNAS 4360」シリーズ用のオンサイトサービスパッケージの販売を同日より開始すると発表した。

オンサイトサービスは、ReadyNASのシャーシや搭載HDDが故障した際、代替品を持ったNETGEAR公認の技術員を現地へ派遣し、交換作業を代行する有償サービス。故障品をNETGEARへ戻す前に代替品を届けることできる。

ハードウェアに標準添付された保守は、故障品をNETGEARに戻した後に代替品を送り、交換作業は顧客自身で行う必要がある。

同社では、交換作業を顧客自身で行いたいユーザー向けには、故障品を戻す前に代替品を送る『クイックデリバリーサービス』を別途用意。ビジネスデータが格納されている故障したHDDの返却を希望しない顧客には、『HDD返却不要サービス』を用意している。

なお、NETGEARの提供するReadyNAS用のオンサイトサービスはHDD搭載モデルのみを対象としており、ReadyNAS 4360シリーズはHDD搭載モデルを用意していない。ReadyNAS 4360シリーズについては、NETGEARの提供する8TB HDD 20台パック(型番:RSAT8E20-10000S 税込価格:2,592,000円)を同時に購入した場合に限り、このオンサイトサービスを提供する。

価格は、全国対応、翌営業日対応の5年モデルが49万円、東京23区、横浜、川崎、名古屋、大阪限定で当日4時間対応の5年モデルが61万3000円となっている。