【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、北朝鮮による同日未明の長距離弾道ミサイル発射を受けて青瓦台(大統領府)で国家安全保障会議(NSC)全体会議を開き、「北が挑発的な軍事冒険主義をやめない限り朝鮮半島の平和は実現不可能だ」とした上で、「北が核とミサイルを放棄するまで韓米をはじめ国際社会は強力な制裁と圧力を加えていくしかない」と述べた。

 文大統領は「北の挑発は朝鮮半島の緊張を高めるだけでなく国際平和と安全を深刻に脅かす行為だ」と強く非難した。

 また、北が自らを孤立と没落へと導く無謀な選択を直ちに中断し、対話の場に出るべきだと指摘した上で、「政府は北の挑発を絶対に座視しない」と強調した。