和楽器バンド、世界的に評価される理由は? 和と洋を掛け合わせた無二のクリエイティブを分析

写真拡大

 和楽器と洋楽器の融合はこれまでにもなかったわけではない。しかし、2013年の結成以来、8人組ロックバンド・和楽器バンドの人気が上昇の一途を辿っているのは何故だろう。

参考:ドリカム、Bon Jovi、Muse……和楽器バンドを形作る“ハイブリッドな音楽”とは?

 まず、挙げられるのは和楽器と洋楽器の“完全なる”融合だ。和楽器バンドは8人のメンバー全員が主役であり、過去にも存在した“和楽器を尊重しすぎた”グループとその点において大きく異なる。さらに、数々の詩吟コンクールで1位を獲得し、師範の資格を持つボーカル鈴華ゆう子を筆頭に、卓越した技術を誇る(それでいて発想も柔軟な)プレイヤーがずらりと揃っている点も大きい。乱暴な言い方にはなるが、バンド結成の時点である程度の成功を約束されていたも同然である。

 しかも、バンドの取っ掛かりとして採用したアイデアが素晴らしかった。ニコニコ動画で活躍するミュージシャンが多かったことから、ボカロ楽曲のカバーから活動をスタートさせたのである。たしかに、尺八・箏・三味線・和太鼓・ギター・ベース・ドラムという他に類を見ない楽器編成でいきなりオリジナル曲に取り掛かるのは至難の業。活動を軌道に乗せ、和楽器に興味がないリスナーの耳をもとらえるという意味で最上の方法を彼らはとったのだ。

 結果として、2014年1月に渋谷club asiaで行った初のワンマンライブ以降、動員もうなぎ登り。大新年会と呼ばれる新年恒例ライブは、前述のasia以降、2015年渋谷公会堂、2016年日本武道館、2017年東京体育館2デイズと着実に規模を拡大し、来年1月27日には横浜アリーナの舞台に立つことが決まっている。優れた演奏と徹底的にこだわり抜いた演出によって、老若男女に愛されるステージへと磨き上げていったのだ。

 彼らの成功の理由は楽曲面だけに留まらない。ビジュアルである。現在7000万回再生を記録する「千本桜」をはじめ、彼らのMVは国内に留まらず、海外のリスナーからも熱い視線が向けられている。和楽器バンドは初制作曲「六兆年と一夜物語」のときから映像にこだわってきた。今年9月発表の「雨のち感情論」がCDリリースされるまで、彼らのシングル作品はDVDのみだったほど。そこで、彼らの代表作と言えるMVをいくつか紹介しよう。

 まずは、「暁ノ糸」。これは2015年リリースのフルアルバム『八奏絵巻』に先行して発表された作品だ。ボーカルパートが少なく、アルバムの先行曲としては変則的な構成だが、これは“映像化したときに8人全員が主役になれるから”という理由で選ばれている。それを踏まえた上で作品を見てみると、たしかに8人の魅力が均等かつ、存分に発揮されていて、和楽器バンドのなんたるかを知るには最も適していると言える。しかも、最新の映像技術を駆使した映像の美しさよ。和服をモチーフにした衣装をまとった眉目秀麗なメンバーの存在感に決して劣らない迫力で、バンドの世界観を見事に表している。

 続いては、「戦-ikusa-」。これも「暁ノ糸」同様、『八奏絵巻』収録のシングル曲だ。映像美にこだわった「暁ノ糸」とは異なり、ここではぐるりと円になって演奏を展開する8人の立ち姿に鳥肌が立つ。ここまで見てもらえれば分かるように、和楽器バンドには美男美女が揃っている上にこの衣装だ。はっきり言って、彼らの演奏シーンをとらえるだけでも映像作品としては成立するのである。しかし、当然それだけでは終わらない。ここではメンバー自身による殺陣が注目ポイント。MVにおけるバンドメンバーの演技というのは見ていてこっ恥ずかしくなることが多いが、彼らの場合は違う。同曲がアニメ『戦国無双』の主題歌であることに恥じない本格的な戦闘シーンで魅了する。ちなみに、ここでは披露されていないが、ボーカルの鈴華は5歳の頃からの剣舞経験者だ。

 最後は11月29日に発売される初のベストコレクションアルバム『軌跡 BEST COLLECTION+』収録の新曲「シンクロニシティ」だ。ジャズポップスというこれまでの和楽器バンドになかった新規路線は、すでに多くのファンから驚きと賞賛をもって受け入れられている。それに伴い、MVもこれまでになかった大正モダンなコンセプトで制作された。2人の男女を主役に据えた作品で、黒を基調としたメンバーの衣装がセピアなダンスホールに映える。しかし、“大正”とは書いたが、特定の場所をイメージさせるものはここにはひとつとしてない。

 和楽器バンドの映像作品全体に言えることだが、現世から切り離された世界観が設定されていることが多く、「シンクロニシティ」に関しても、オープンニングで街の引き画が挿入されるが、そこが日本なのかどうかすらよくわからないようになっている。これこそがみんなに愛される“和楽器バンドの世界”なのだ。

 こんな彼らの独特な活動が他の国に広まらないはずがない。YouTubeで公開されている映像は海外からのアクセスも多く、世界中のリスナーからコメントが書き込まれている。また、2016年には米国の大手コンサート制作会社「ライブ・ネイション」からオファーを受け、ニューヨークのアーヴィング・プラザで単独公演を実施。アメリカツアーを追ったライブDVDでも、異様な熱狂に包まれたライブの様子を見ることができる。このように、これまで台湾やアメリカ4都市の500〜1200人規模の単独公演を成功させている。また、『軌跡 BEST COLLECTION+』に収録される台湾人歌手ジェイ・チョウの人気曲「東風破」の日本語カバーは、現地ファンからの要望によって実現したという経緯もある。和と洋、どちらの良さも壊さず、それどころかお互いの魅力を増幅している和楽器バンド独自のサウンドは、海外、特に欧米のアーティストが逆立ちしても真似できるものではない。最近の楽曲では「オキノタユウ」のような和のメロディを基調としたバラード曲も人気が高く、日本を含めた東洋の色が濃いエキゾチックな映像も相まって、我々日本人が想像する以上に海外リスナーを強く惹きつけているのだろう。

 その一方で、彼らの音楽を“メタル”と位置づけているアメリカメディアがあったり、様々な解釈がなされている点も興味深い。BABYMETAL、DIR EN GREY、マキシマム ザ ホルモンといったバンドがそうであるように、欧米のリスナーやメディアは既存の音楽の模倣ではなく、そこに全く新しい解釈を加えた日本の音楽を好む傾向が昔からある。そう考えてみると、国内同様、和楽器バンドが海外でも多くのファンを生むことは必然だったのかもしれない。もし、彼らが欧米のメタルフェスに出ることになったら……なんてことを想像するだけで軽く興奮してしまう。彼らの音楽性と高い技術をもってすれば、決してこれはただの夢物語ではない。

 すでに大きな成功を収めている和楽器バンドだが、個人的には国内のロックシーンではまだまだ評価が追いついていないと感じている。メタルの要素が強い楽曲もあり、そっち方面のリスナーに受け入れられる素地はあると思うし、若いロックリスナーのアンテナにももっと引っかかっていいはずだ。

 今のフェス全盛の音楽シーンにおいて、独自の世界観を構築し、どのバンドとも交わることのない姿勢や音楽性が彼らのことを知る機会を狭めている部分はあるのかもしれないが、彼らのようにオリジナルなスタイルを持つバンドこそ多くの人の目と耳に届くべきだと思う。(阿刀 “DA” 大志)