竹内愛紗が「明日の約束」の見どころなどを語った

写真拡大

ことし3月にY!mobileのCMで芸能界デビューするや、瞬く間に“奇跡の美少女”“福島の奇跡”と大々的にメディアに取り上げられ、大きな反響を呼んだ竹内愛紗。

【写真を見る】はにかみピースもかわい過ぎる! “福島の奇跡”竹内愛紗

そんな彼女が、ドラマデビューを果たしているのが、井上真央主演で、毎週火曜夜9時から放送中のドラマ「明日の約束」(フジ系)だ。

本作のキーパーソンの1人で、謎の死を遂げた生徒・圭吾(遠藤健慎)の妹・英美里という大役を任され画面に登場すると、「あの美少女は誰?」「英美里役の子ってどこかのアイドル?」など、またも大きな注目を集めている。

そこで今回、WEBサイト「ザテレビジョン」のインタビュー企画に初登場してもらい、自身最大の見せ場を迎える「明日の約束」についてや、プライベートについて、たっぷりと語ってもらった。

――ドラマデビューおめでとうございます。「明日の約束」に参加された感想は?

台本を読んだ時にいろいろな目線から見たり、想像をしたり。自分の中で考えることがすごく面白いです。演技は正解がないので、そこが難しいと言えば難しいですけど、とても楽しい。今は経験する1つ1つのことが全部勉強になっています。

――初めて体験するドラマの撮影現場の印象はいかがでしょうか?

このドラマは謎が多いミステリーですが、現場の雰囲気はすごく明るくて、毎日楽しく過ごしています。

共演者の皆さんは、本番になると役に入って別人になられて。そのスイッチの切り替えがすごいなと思います。

ドラマはみんなで一つの作品を作り上げていく感じが好きです。

――ちなみに竹内さんのスイッチもありますか?

私の場合は深呼吸です。本番前に、英美里の過去と言いますか、ここまでの流れのようなものを自分の中で一回考えて、英美里として気持ちを入れてから撮影に臨んでいます。

――演じる英美里はどんな女の子だと捉えていますか?

母親の愛が全部お兄ちゃん(圭吾)に向けられていて、全然愛情をもらえていない女の子です。

だから、寂しかったり、悲しい気持ちになったりすることもあるのかなと。

でも、そんな中でお母さんに立ち向かって自立しようとする強いところがありますね。中学1年生の女の子なのに、すごく格好いいなと思いました。

――仲間由紀恵さんが演じている“毒親”真紀子については?

とても怖いです(笑)。あのお母さんは、自分の息子に対する愛情のかけ方が正しいと思っているので…。「それは間違っている」と指摘されても、きっと気付かないんだろうなと。そう考えてみると、やっぱり怖いですよね。

――仲間さんの演技を間近で見た感想は?

話し方や声のトーンは優しいのに、どこかゾクッとする怖さがあって。オンエアを見ていても、それを感じます。

「圭ちゃん」と優しく言っているだけでもジワジワくる怖さをひょうげんされていて、すごいなと思います。

――圭吾と英美里のきょうだいについてはどう思われますか?

“闇”を抱えている兄がいる妹というのはどんな気持ちなのかなと思いました。いろいろな人に話を聞いたりして、自分だったらどう思うか?など、考えながらお芝居することを心掛けています。

私にも兄がいるのですが、普段はあまり話さないですね(笑)。姉妹なら洋服の話とか共通点が多いと思うんですけど、兄だとなかなか共通の話題が見つからなくて。小さい頃は一緒に遊んでいましたが、今は私から話し掛けた時に少し喋るくらいです。

――圭吾役の遠藤さんの印象は?

実は同じ現場になることはあまりないのですが、お会いするとすごく面白い方なんです! 真顔で冗談を仰るので、本当に信じてしまいそうになります(笑)。

――物語も終盤に差し掛かりましたが、英美里の言動も気になるところですね。

12月5日(火)放送の第8話で、両親と英美里が話をするシーンがあるんです。その時に英美里が両親に対して思いをぶつけるのですが、ある“決意”をした英美里の言動はとても強いですし、切ないのでぜひ見ていただきたいです。

――英美里にも変化が表れるということですか?

そうですね。英美里も覚悟を決めて、後には引けない状況になってきているんです。そんな英美里の表情や口調、声のトーンを意識しながら、これまでとは違う部分を表現していきたいです。

――表情の作り方などは家で練習することもありますか?

鏡を見て、目の動きや力の入れ方を研究しています。監督から「まばたきが多いと迷いが見えちゃうから気を付けて」と言われたので、そこを意識しながら演じています。

――ドラマデビューに続いて、12月23日(土・祝)に公開される事務所の先輩・桐谷美玲さん主演の映画「リベンジgirl」で、銀幕デビューをされますね。

はい! 私の役は美玲さんが演じる宝石美輝の妹・美咲。真面目で冷静な性格の女の子です。でも、妹らしいかわいい一面もあるんですよ。お姉ちゃんの写真を携帯で撮影したり、女性同士のワチャワチャした感じのシーンは見ていてきっと面白いと思うので、劇場に足を運んでいただけたらうれしいです。

――そして公式PROFILEで「好きな食べ物」が“いちご”“オムライス”“キャベツの千切り”とありますが、キャベツはトンカツの付け合わせなどでよく食べるということですか?

サラダとして食べることが多いですね。ドレッシングはそのときによって変わったりしますけど、一番ポピュラーなのはレモン味。さっぱりしていておいしいんです!

自分で千切りした場合は、何も付けずにそのまま食べることもありますよ。

――ちなみに、好きになったきっかけは?

キャベツの千切りは中学生になったころから急にハマりました。あのフワフワした感じがいいんですよ。オムライスはお母さんが作ってくれるシンプルなものが好きです。

卵はトロっとした感じじゃなくて、しっかり焼いてケチャップライスを包んだタイプ。すごくおいしいですよ。

――そして乗馬が趣味だと聞きましたが、乗馬クラブに通われていたんですか?

いえ、習っていたというわけではなく、部活で地方に行った時になぜか乗馬をする機会が多かったんです。

その時に、馬を怖いと思いながら乗るとその気持ちが馬に伝わるという話を聞いたんですけど、私は全然怖くなくて。だからなのか、馬も楽しそうに歩いてくれました(笑)。

――乗馬ができると役の幅が広がってきますけど、アクションに興味は?

ピストルを持って、格好良く構えてみたいという憧れがあります(笑)。いつか「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)の綾瀬はるかさんのように、殴ったり蹴ったりするアクションにも挑戦してみたいですね。

私は部活が吹奏楽部だったので、腹筋は毎日やっていたんですけど、腕力がないんです…。体を動かした時に腕がピシッと止まらずに流れてしまうので、今はそういうところを直すために少しずつ体を鍛えています。

――今、一番リラックスする時間はいつですか?

ストレッチをしている時です。筋肉が伸びる感じがいいですね。あのイタ気持ち良さにハマっています。体は柔らかい方だと思います。後はやっぱり、お風呂ですね。

気付いたら1時間くらい平気で入っていますね。疲れが取れて体が軽くなる感じが好き。お風呂の中でテスト勉強をすることもありますよ。

――のぼせたりしませんか?

大丈夫です! お風呂の中だと大きい声を出しても迷惑にならないので、暗記する時にちょうどいいんです。眠くならないですし、集中できます。

――2017年も残り1カ月ですが、理想的な年末年始の過ごし方は?

ことしのクリスマスは初めて東京で過ごすので、友達と一緒にイルミネーションを見に行きたいです。大みそかは夜0時まで起きていて、カウントダウンに参加したい!

いつも眠くなって、夜11時半ぐらいで記憶がなくなってしまうので(笑)。何とか睡魔に勝って、新しい年になる瞬間を見届けたいです。

それと、お正月は家族や親戚が集まってみんなで写真を撮るのが恒例行事。いい思い出になるので、これはずっと続けていきたいです。

――最後に、2018年の目標をお願いします。

私は「とと姉ちゃん」(2016年、NHK総合ほか)の高畑充希さんを見て芸能界入りを決めました。高畑さんの明るさと元気、そして勇気をもらえるような演技に憧れています。

これから私も演技力を磨いて、明るく誰からも愛される“愛紗”になれるよう頑張ります!(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)