堤真一と岡田将生は「プリンセストヨトミ」('11年)以来の共演

写真拡大

放送作家の鈴木おさむがエンタメ業界の裏側を描いた同名小説をドラマ化した「連続ドラマW 名刺ゲーム」が12月2日(土)夜10時にWOWOWプライムで放送される(第1話無料放送)。

【写真を見る】クイズ番組のプロデューサー・神田(堤真一)を閉じ込める謎の男X(岡田将生)

本作は、人気クイズ番組のプロデューサー・神田(堤真一)が、地下のボイラー室で目覚めるところから始まる。自分の首には謎の首輪がはめられ、部屋には同じ首輪をはめられている娘がおり、床には大量の名刺が散乱していた。そこに登場した謎の男X(岡田将生)は、神田に自分がもらった名刺を探し当て、その持ち主に返すという「名刺ゲーム」を始める。もし持ち主を間違えれば、自分か娘の首が爆破されるという残酷なゲーム。神田は、娘を救うために「名刺ゲーム」に挑むが、そこには驚くべき秘密がかくされていた。

今回、映画「プリンセストヨトミ」('11年)以来の共演となる堤、岡田に、今作の印象や見どころなどを語ってもらった。

――今回の役柄と脚本を読んだときの感想はいかがでしたか?

堤真一:最初に読んだときはイライラする本でした。どういう理由で何が起こったのかが分からないので、読み物としても「どうなるんだこれ?」と思って読み進んでいきました。神田の役柄は、「こんな人いるのかな…」という印象でしたが、鈴木おさむさんは実際にモデルの人がいると言っていました。

岡田将生:怖いですね。

堤:あまり役者ではこういう人あまりいないよね。怖い先輩はいるけど(笑)。おそらくそのモデルの人は、自分がモデルだとは気付いていないと鈴木おさむさんは仰っていましたから。人間ってそんなもんなんだろうな、自分のことって見えないですものね。

岡田:ぼくは次の展開が気になって、台本を読むスピードが早かったです。今回、鈴木おさむさんが関わっているので、バラエティーの世界って本当にこうなんだなって素直に受け止めてしまって、それからバラエティー番組見るのが少し怖くなりました(笑)。今回の「X」という役は、あまり演じたことのない役なので、すごく演じてみたいと思いました。

――今回の追い込まれる神田と、追い込む「X」という関係性ですが、どのようなところが楽しみでしょうか。

堤:「X」の正体が分からないところの怖さが面白いですね。岡田くんはこういういやらしい感じのキャラクターはあまりないと思うので、見たことがない表情を見られるのが楽しみですよね。

岡田:(追い込む役は)フルパワーでやらせていただきます。小さくまとまらず、大きく演じたいですね。見ている人が「どうなるんだ!?」って思う“間”も作らなければならないですし、楽しくできたらと思います。

――作品のエンターテインメントとしての世界観はいかがでしょうか。

堤:エンターテインメントではあるけど、今のテレビ業界に対して、疑問を投げかけている作品なので、かなり深いです。人ってこういうことやりがちだというところとか。みんなが善良な人で、一人を悪者にしてという作品ではないので、見ているうちに自分を振り返ることができる作品ですね。

岡田:無数にとげがあるエッジがきいた作品なので、むしろテレビ業界の方の視聴が多いんじゃないかと思います。嫉妬とか、傲慢さとかいろんな感情がうごめいている。そういう人たちの欲望みたいなのがつまっています。こういう人間いやだなって見ていて思ってもらえたらいいなと思います。

――人間の感情など、かなりリアリティーを持って描かれていましたが、お二人はどう思われましたか?

堤:人は一面的ではないので、いくつもある面のどの部分で人や物事に接しているかで反発したり、逆に仲良くなったりする場合もあると思うんです。よく読んでみると、善人は一人もいない。人を押しのけて自分がのし上がろうとする競争の世界での話なので、決して正義と悪に分けられる話ではないんですね。すごく腹が立つ上司も、家庭に帰ったらすごくいいお父さんかもしれないし、ぼくらが知る世の中の出来事も一面的な部分しか分かっていない。そういう意味ではとてもリアルですよね。

岡田:出てくる人たちがグレーな人ばかりなんです。それはぼくも含めて、いい顔しているときや悪い顔しているときだってあると思います。でも、これがあまりにもリアリティー過ぎるとつまらないんじゃないかとも思いますし、だからこそエンターテインメントという言葉もあるので、そういうギリギリのところがお芝居で出せたらいいと思います。

――今回、人の顔と名前を覚えられないということがあるということから「名刺ゲーム」というドラマが始まっていますが、普段、多くの人と関わる中で心掛けていることはありますか?

堤:若いころ、せりふを覚えるのと同じくらいにスタッフの名前を覚えようとしたけど、ある時期から諦めました(笑)。これは覚えきれないなと思って。思い出せない人に現場で会ったときには、なるべく聞くようにしています。でも一番困るのは、街であったとき。バッタリ会ったとき。それが仕事なのか、プライベートなのかが分からないので、とても怖いです(笑)。

岡田:ぼくも何度かあります。覚えてないときは本当に覚えてないですからね。「何の作品のときですか?」って聞くようにしています。それでも思い出せないときは、お芝居します。「やっぱり!」って(笑)。

――久しぶりの共演ですが、お互いが感じた意外な面とかはありますか?

岡田:もう意外な面なんてないですよ(笑)。

堤:お互いさらけ出していますからね(笑)。でも、世間的に岡田くんは人と接するのが苦手そうな感じするじゃないですか。でも実際は楽しくて面白い、いじりがいのある人ですよ。

岡田:いじられたくないんです! もう30歳になるんだからやめましょう(笑)。しっかりしなくちゃいけないんです。堤さんも全く変わらないですね。本当に親戚のおじさんみたいな存在です。あっという間に前会ったときの空気に戻れるからありがたいです!

――では最後に、作品の見どころをお願いします。

堤:WOWOWのドラマは初めてなんですけど、現場の雰囲気はドラマの撮影というより、映画に近い感じです。登場人物の何かしらの役に自分を投影できる作品だと思うので、客観的に自分はこうかなというふうに見ていけて、その中で時間の進み方を実体験できると思います。絶対面白い作品になると思います。

岡田:今回の僕の役はとても悪い役です。悪一度見てしまうと最終回まで見逃せなくなるような面白さがたくさんつまっていますので、初回をぜひ見てください。(ザテレビジョン)