さや香の新山士彦(左)、石井誠一(右)

写真拡大

12月3日(日)にことしの漫才師日本一を決める「M-1グランプリ2017」(夜6:57-10:10テレビ朝日系)が放送される。また、当日の昼2時35分からは「M-1グランプリ2017 敗者復活戦」も放送。この敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えた計10組が、ファイナリストとして決勝を戦う。

【写真を見る】自称・ダークホースのさや香がハイテンポ漫才で下克上!/(C)ABC

例年と違い、今回のネタ順は“笑神籤”(えみくじ)で決められるという新ルールが採用されており、これまで番組の最中に発表されてきた敗者復活1組も生放送の冒頭に決定する。

10組がそろったところで、MCの今田耕司と上戸彩がくじを引き、引いた順番でネタを披露するというルールだ。

そして、WEBサイト「ザテレビジョン」では、4094組がエントリーした今大会を勝ち抜き、決勝まで駒を進めたファイナリスト9組に直前インタビューを敢行。王座を狙う芸人たちの熱い思いを、決勝当日まで9日間連続で掲載していく。

5組目は、さや香・新山士彦、石井誠一が登場!

■ さや香インタビュー

――敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビはどこですか?

新山:大阪の劇場で一緒に活動している霜降り明星さんや、からし蓮根です。すごいウケますし、ほんまに面白いし、脅威ですね。

石井:霜降り明星さんは大阪の劇場でもよく共演させていただいていて、第38回ABCお笑いグランプリで優勝されてるし、いつも霜降り明星さんには負けている印象があります。なので、敗者復活で勝ち上がってきたら変に意識してしまいそうですね。

――相方の好きなところと嫌いなところを教えてください!

新山 :好きなところは、一見まあまあきれいな顔立ちに見えるけれども「背が低い、顔にシワが多い、ひげが濃い」と、良い部分と悪い部分がええ塩梅でぐじゃぐじゃに相まみえているところですね。

嫌いなところは、食事のときに「うまそぉ〜!」とかウキウキ感が出過ぎて、うざい女子っぽくなるところですね(苦笑)。

石井:相方の好きなところは、“新山”っていう世界観ですね。嫌いなところは、まあ頑固なところですかね。良いところでもあるんですけどね…。

――漫才以外でグランプリを目指すとしたら…、個人的に自信があるものは何かありますか?

新山:恋愛です。僕たちのネタって8割型は“恋愛ネタ”ですし、劇場に行ってもよく恋愛相談とか乗っているんです。恋愛の相談力には自信があります!

石井:僕、とうもろこしが大好きで、1日3食コーンでも平気なんです。“コーンだけ1カ月食べ続けるグランプリ”やったら、誰にも負けないですね。

――今後の野望について教えてください!

新山:僕は結婚して子どもを奥さんに産んでもらって、奥さんとおいしいものを食べて、世界各国を旅して、仕事はたまに休みをもらいながら月に50万円くらい稼ぎたいです。

石井:スーパースターというよりは、気付いたらそこにいるという存在を目指したいです!(ザテレビジョン)