左から小泉慶、中山雄太、奈良竜樹、小池龍太、吉田豊【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

GK:東口、中村のほか、権田を選出

 2018年ロシア・ワールドカップの出場権を獲得し、12月9日からEAFF E-1サッカー選手権2017に挑む日本代表。この大会に臨む日本代表メンバーは11月29日に発表される。リーグ戦のある欧州組、クラブW杯に参加する浦和の選手が不在になるが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はどんなメンバーを選ぶのか。フットボールチャンネル編集部では、これまでの日本代表の戦いぶり、最近の活躍を受けてハリルジャパンに招集すべき選手たちを選出。今回は、Jリーグでプレーする選手のなかから(浦和は除く)、日本代表に推薦したい23人をピックアップする。

----------

GK:3人
東口順昭(G大阪)
中村航輔(柏)
権田修一(鳥栖)

 国内組のテストの場となるE-1サッカー選手権。各ポジションでヴァイッド・ハリルホジッチ監督がどのようなメンバーを選出するのか興味深いところだ。浦和レッズがクラブW杯に出場するため招集できない。

 GKは東口、中村の選出は堅いか。中村は直近の鹿島アントラーズ戦で好セーブを連発するなど獅子奮迅の働きを見せている。代表戦で試すのなら今大会しかないのではないか。もう一枠は、鳥栖で活躍する権田の名前を加えた。

DF:柱となる昌子。SBの新戦力に期待

DF:8人
昌子源(鹿島)
植田直通(鹿島)
中山雄太(柏)
奈良竜樹(川崎F)
吉田豊(鳥栖)
小泉慶(新潟)
車屋紳太郎(川崎F)
小池龍太(柏)

 ヨーロッパ遠征で奮闘した槙野智章を招集できないため、今大会でCBの柱となるのは昌子だろう。これまで継続的にハリルジャパンに名を連ねながらも出場機会のない植田にもチャンスがあるはず。所属クラブで昌子とコンビを組んでおり、連係に問題はない。

 中山はビルドアップ、奈良は対人の強さとそれぞれに特徴がある。左SBでは車屋は当確で、鳥栖の吉田も試したい。右SBは粘り強く相手に対応できる小泉、スピードを武器に攻守に厚みをもたらせる小池を推したい。

MF:代表経験者から国内注目選手までを幅広く推薦

MF:7人
清武弘嗣(C大阪)
山村和也(C大阪)
井手口陽介(G大阪)
倉田秋(G大阪)
大島僚太(川崎F)
大谷秀和(柏)
川辺駿(磐田)

 ヨーロッパ遠征ではアンカーとしても順応した山口蛍を負傷で欠くのは、チームにとって痛手だ。柏のキャプテン・大谷は1ボランチに対応できる能力を備えているが、ハリルホジッチ監督はどう見ているか。
 また、昨年のロシアW杯アジア最終予選初戦・UAE戦でホロ苦デビューとなってしまった大島だが、J1優勝争いを繰り広げる川崎Fで質の高いプレーを出し続けている。力強さも身につけており、代表レベルでも問題なく戦えるはずだ。キレを取り戻した清武、好調の磐田で存在感を発揮している川辺など、国内組にも面白いタレントはいる。

FW:Jリーグ得点数トップを走る杉本がキーマンか

FW:5人
伊東純也(柏)
小林悠(川崎F)
川又堅碁(磐田)
柿谷曜一朗(C大阪)
杉本健勇(C大阪)

 J1得点ランキングトップに躍り出た杉本は、今回のチームのキーマンになるだろう。タイプは異なるが、川又の力強さもリーグ屈指。伊東は自慢のスピードで右サイドを切り裂くプレーに期待だ。

 左ウイングの候補には柿谷を推したい。C大阪ではユン・ジョンファン監督から守備のタスクを植えつけられてきた。ハードワークでチームに貢献し、持ち前の攻撃力も遺憾なく発揮。敵陣でのアイディア、シュートセンスは相手の脅威となっている。ハリルジャパンにおいてもカウンターの急先鋒になれるはずだ。

text by 編集部