コードネーム『カリナン』と呼ばれるロールス・ロイス初のクロスオーバーSUVが、生産型パーツを装着して軽偽装で初めて姿を見せました。「ハイボディカー」や「ハイライディング・ビークル」とロールス・ロイスが呼ぶこの新型モデルの全貌がついに見えてきています。

キャッチした最新プロトタイプは、「ファントム」に酷似したヘッドライト、スポーティなベンチレーションが確認出来るほか、フロント&リアガラスフレーム、ハイマウントランプ付きルーフスポイラー、サイドミラー、そしてU字型LEDテールライトまでもが露出。そのボディスタイルを完全に把握することができます。

カリナンは、新型「ファントム」と共有するアルミニウム・プラットフォームを採用し、大幅な軽量化を実現。マジックカーペット・サスペンションにより、地球上で最もスムーズなSUVとなるといいます。

室内にはLEDバックライト付き12.3インチTFTカラーディスプレイ、コマンドダイヤル、高解像度ヘッドアップディスプレイなど最新世代のインフォテイメントシステムを持ちます。

パワートレインは、最高出力600ps以上を発揮する6リットルV型12気筒エンジンを搭載、価格は7千万円以上とも噂され、2018年3月のジュネーブモーターショーでの世界初公開が期待されています。

(APOLLO)

コードネームは『カリナン』。ロールス・ロイス初のクロスオーバーSUV、U字テールライト光った!(http://clicccar.com/2017/11/29/534743/)